映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 悲しき天使('06)

  • R-15

その後の恋する女たち。

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

多摩川河川敷で、松下泰造という男の死体が発見される。犯人は泰造の二人の子供、和夫と那美だった。和夫はすぐに身柄を拘束されるが、那美の行方はようとして知れなかった。警視庁の刑事である河野薫には、那美が泰造に拳銃を向けたときに放った言葉が引っかかっていた。「人の人生、無茶苦茶にしやがって!」。一体那美と父親のあいだには、何があったのか。そしてその決着をこのような形で迎えることになった、同世代の女である那美の気持ちはいかなるものなのか…。同僚や上司の反対を押し切って、薫は、那美のかつての恋人・関川慎ニのいる大分県別府へと向かう。



■解説

四半世紀に渡って、エンターテインメントな日本映画を生み出してきた、大森一樹監督。10代の女の子たちの三様の想いを投影した自身の代表作『恋する女たち』から20年を経て、本作『悲しき天使』では、30代の女性たち三様の生き様を鮮烈に描き出します。大分が舞台となる本作『悲しき天使』では、大分県の協力のもと、大分の様々な場所や施設で撮影を行っています。また、8月24日に湯布院映画祭にて上映されました。事件を追いながら、恋人との距離を計る女刑事。忌まわしい過去により恋を捨て、仕事に生きる女。夫の過去の恋愛を引き受け、家庭に生きる人妻。本当の幸せを手にするのは、どんな女性の生き様なのか?事件解決までの“一週間”の中で描き切る、女たち三人の人生模様。(作品資料より)

  • 2006年10月28日 より シネマ・アートン下北沢にて

  • 配給:ツインズジャパン
  • 製作国:日本(2006)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 大森一樹 (オオモリカズキ)
脚本 大森一樹 (オオモリカズキ)
撮影 林淳一郎 (ハヤシジュンイチロウ)
美術 丸尾知行 (マルオトモユキ)
音楽 山路敦 (ヤマジアツシ)
録音 井家眞紀夫 (イカマキオ)
照明 礒野雅宏 (イソノマサヒロ)
編集 菊池純一 (キクチジュンイチ)

■キャスト

俳優名 役名
高岡早紀 (Takaoka Saki)  河野薫
山本未來 (ヤマモトミライ)  松下那美
河合美智子 (カワイミチコ)  関川敦子
岸部一徳 (Ittoku Kishibe)  沖島啓介
筒井道隆 (Michitaka Tsutsui)  関川慎二
松岡俊介 (マツオカシュンスケ)  伊東俊一
峰岸徹 (ミネギシトオル)  松下泰造
松重豊 (Yutaka Matsushige)  木ノ下剛士・別府中央署刑事課長

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!