映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 黒い雨

井伏鱒二原作の同名小説の映画化。

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

昭和20年8月6日、広島に原爆が投下された。その時郊外の疎開先にいた高丸矢須子は叔父・閑間重松の元へ行くため瀬戸内海を渡っていたが、途中で黒い雨を浴びてしまった。20歳の夏の出来事だった。5年後矢須子は重松とシゲ子夫妻の家に引き取られ、重松の母・キンと4人で福山市小畠村で暮らしていた。地主の重松は先祖代々の土地を切り売りしつつ、原爆病に効くという鯉の養殖を始め、毎日釣りしながら過ごしていた。重松の悩みは自分の体より、25歳になる矢須子の縁組だった。美しい矢須子の元へ絶えず縁談が持ち込まれるが、必ず“ピカに合った娘”という噂から破談になっていた。



■解説

原爆による黒い雨を浴びたために人生を狂わせられてしまった女性と、それを暖かく見守る叔父夫婦とのふれあいを描く。井伏鱒二原作の同名小説の映画化で、脚本・監督は『女衒』の今村昌平、共同脚本は『ジャズ大名』の石堂淑朗、撮影は『危険な女たち』の川又昂がそれそれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1989)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 今村昌平 (Shohei Imamura)
脚本 石堂淑朗 (Toshiro Ishido) 今村昌平 (Shohei Imamura)
原作 井伏鱒二 (イブセマスジ)
プロデューサー 飯野久 (イイノヒサ)
撮影 川又昂 (Takashi Kawamata)
美術 稲垣尚夫 (イナガキヒサオ)
音楽 武満徹 (Toru Takemistu)
録音 紅谷愃一 (Kenichi Beniya)
照明 岩木保夫 (イワキヤスオ)
編集 岡安肇 (オカヤスハジメ)
助監督 月野木隆
スチール 石月美徳
製作プロダクション 東北新社 日本映画学校 杉森彫刻美術研究所 ヘキサ・プロセス

■キャスト

俳優名 役名
田中好子 (Yoshiko Tanaka)  高丸矢須子
北村和夫 (Kazuo Kitamura)  閑間重松
市原悦子 (Ichihara Etsuko)  閑間シゲ子
原ひさ子 (ハラヒサコ)  閑間キン
沢たまき (サワタマキ)  池本屋のおばはん
立石麻由美   池本屋文子
小林昭二 (コバヤシアキジ)  片山
山田昌   岡崎屋タツ
石田圭祐   岡崎屋悠一
小沢昭一 (Shoichi Ozawa)  庄吉
楠トシエ (クスノキトシエ)  カネ
三木のり平 (ミキノリヘイ)  好太郎
七尾伶子 (Reiko Nanao)  るい
河原さぶ (カワハラサブ)  養殖業者・金丸
石丸謙二郎 (Kenjiro Ishimaru)  青乃
大滝秀治 (Hideji Otaki)  藤田医師
白川和子 (Kazuko Shirakawa)  白旗の婆さん
飯沼慧 (イイヌマケイ)  高丸
深水三章 (Sansho Shinsui)  能島
殿山泰司 (Taiji Tonoyama)  老僧
常田富士男 (トキタフジオ)  ヤケドの四十男
常田富士男 (トキタフジオ)  老遍路
三谷昇 (ミタニノボル)  郵便局長

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!