映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 次郎物語

親と子の心のふれあいを描いた古典的名作の映画化。

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

昭和の初め、次郎は母・お民の体が弱かったため、生まれてすぐお浜の家に預けられた。お民も元気になり実家に引きとられたが、お浜になついている次郎は連れ戻されるたびに逃げ帰るのだった。次郎の実家、本田家は、古くから続いた由緒正しい家柄で、士族の格式を守り子供たちの躾も厳しかった。6歳の夏、とうとう実家に連れ戻された次郎は、それまで自然の中で伸び伸びと育てられていたから、本田家の家風に息もつまりそうな思いの日々が始まる。祖母のおことは、乳母のお浜を恋しがる次郎に何かにつけて辛くあたった。体の丈夫でないお民は、おことと次郎の間でおろおろするばかり…。



■解説

親と子の心のふれあいを描いた古典的名作の映画化。原作は下村湖人の同名小説、脚本は『白い野望』の井手雅人、監督は『きみが輝くとき』の森川時久、撮影は『親鸞 白い道』の山崎善弘がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1987)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 森川時久 (モリカワトキヒサ)
脚本 井手雅人 (イデマサト)
原作 下村湖人 (シモムラコジン)
企画 高橋松男 (Matsuo Takahashi)
製作 古岡滉 高丘季昭 荒木正也 (アラキマサヤ) 高橋松男 (Matsuo Takahashi)
プロデューサー 山口一信 (ヤマグチカズノブ) 永野豊 (ナガノユタカ) 藤本潔 (フジモトキヨシ)
設計 荒木事務所
撮影 山崎善弘 (ヤマザキヨシヒロ)
美術 金田克美 (カネダカツミ)
音楽 さだまさし 渡辺俊幸 (ワタナベトシユキ)
主題歌 さだまさし
録音 木村瑛二 (キムラエイジ)
照明 加藤松作 (カトウショウサク)
編集 鍋島惇 (ナベシマジュン)
助監督 中山博之 (ナカヤマヒロユキ) 薬師寺光幸 (ヤクシジミツユキ)
製作委員会代表 辻井喬 (Takashi Tsuji) 古岡秀人 (フルオカヒデト)
スチール 井本俊康

■キャスト

俳優名 役名
加藤剛 (Go Kato)  俊亮
高橋惠子 (タカハシケイコ)  お民
伊勢将人 (イセマサト)  次郎(10歳)
樋口剛嗣   次郎(6歳)
永島敏行 (Toshiyuki Nagashima)  喜さぶ
中谷一郎 (Ichiro Nakaya)  東医師
高松英郎 (Hideo Takamatsu)  宗太郎
井川比佐志 (Hisashi Igawa)  勘作
芦田伸介 (アシダシンスケ)  恭亮
大塚道子 (オオツカミチコ)  おこと
篁ゆう子   春子
山岡久乃 (ヤマオカヒサノ)  おなか
泉ピン子 (Izumi Pinko)  お浜

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!