映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • アタゴオルは猫の森

アタゴオルを植物の女王から救うのだ!ますむらひろしのロングセラーコミックをCGアニメで映画化

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

緑に囲まれた豊かな土地、アタゴオル。年に一度のお祭りの日、トラブルメーカーのヒデヨシは何かが封印されている箱を見つけた。ギルバルスやテンプラ、ツキミ姫たちが止めるのも聞かず箱を開けるヒデヨシ。すると中から植物の女王ピレアが登場、歌でアタゴオルの住人たちを魅了してしまう。一方、ピレアから封印を解いたヒデヨシは、森の中で輝彦宮に出会った。2人はたちまち意気投合し……。



■解説

30年にわたって愛され続けているますむらひろしのコミック「アタゴオル」を映画化。「アタゴオル」ではわからなくても、『銀河鉄道の夜』に登場する猫をご存知の方は多いだろう。あの猫のキャラクターたちが人間と共に暮らす世界の物語を、歌とダンスと美麗な3D−CGアニメで映し出していく。主人公のヒデヨシの声を演じるのは、「おはスタ」でおなじみの山寺宏一。図々しくて生命力あふれるトラブルメーカーをパワフルに演じている。その脇を固める声優陣には、夏木マリ、田辺誠一、谷啓、佐野史郎、平山あや、内田朝陽と豪華な顔ぶれが揃った。監督は『イノセンス』などの押井守作品で演出を担当した西久保瑞穂が務めている。

  • 2006年10月14日 より 恵比寿ガーデンシネマ、新宿武蔵野館、シネ・リーブル池袋ほか全国にて

  • 配給:角川ヘラルド映画
  • 製作国:日本(2006)
    • ジャンル:
    • アニメーション
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 西久保瑞穂 (ニシクボミズホ)
脚本 小林弘利 (コバヤシヒロトシ)
原作 ますむらひろし
エグゼクティブプロデューサー 三宅澄二 (ミヤケチョウジ) 植木英則 (Hidenori Ueki)
プロデューサー 松村傑 (マツムラスグル) 山国秀幸 (ヤマクニヒデユキ)
アニメーションキャラクター原案 福島敦子 (フクシマアツコ)
美術デザイン 黒田聡 (クロダ)
オリジナルスコア 高橋哲也 (タカハシテツヤ)
音楽プロデューサー 安井輝 (ヤスイシン)
CGプロデューサー 豊嶋勇作 (トヨシマユウサク)
CGディレクター 毛利陽一 (モウリヨウイチ)
色彩設計 遊佐久美子 (ユサクミコ)
音響監督 鶴岡陽太 (ツルオカヨウタ)

■キャスト

俳優名 役名
山寺宏一 (ヤマデラコウイチ)  ヒデヨシ
平山あや (Hirayama Aya)  ツキミ姫
内田朝陽 (Asahi Uchida)  テンプラ
谷啓 (Kei Tani)  網弦
石井竜也 (イシイタツヤ)  MCテツヤ
谷山浩子 (タニヤマヒロコ)  テマリ姫
牟田悌三 (ムタテイゾウ)  長老
小桜エツコ (Etsuko Kozakura)  ヒデコ
ゆりん (ユリン)  ヒデ丸
佐野史郎 (Shiro Sano)  竜駒
田辺誠一 (Seiichi Tanabe)  ギルバルス
夏木マリ (ナツキマリ)  ピレア

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!