映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 太陽の傷

鬼才・三池崇史監督が、少年犯罪の被害者家族に沈む感情を強烈に描く社会派ドラマ

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

帰宅途中、浮浪者を暴行している少年たちを見つけた片山は、それに割って入り暴行を止めた。しかしそのことで、彼は少年たちのリーダー・神木の恨みを買ってしまう。生活のあちこちに神木の影がちらつき始め、遂には片山の愛娘が殺される。犯人として神木が逮捕されるが、彼は少年法に守られ厳罰を受けない。さらにマスコミは、事件の遠因が片山の行為にあると報道。世間の目に耐えられず、妻も自ら命を絶ってしまうのだった…。



■解説

凶悪な少年犯罪が多くなった現在だが、事件を起こした少年たちの多くは少年法に守られ、厳しい刑に処されることは少ない。その一方で被害者家族は世間やマスコミの眼に晒され、窮屈な日々を過ごす…。こうした現実を題材に、ある男の苦闘を描いたのがこの作品。監督は鬼才・三池崇史。今回も大胆な色調展開やドキュメンタリーのような臨場感あふれる映像などで、物語の中にある感情を見事に浮かび上がらせている。主人公の片山を演じた三池崇史の盟友・哀川翔のメリハリのある演技もさすがだ。

  • 2006年9月16日 より ユーロスペース(レイト)にて

  • 配給:シネマパラダイス
  • 製作国:日本(2006)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 三池崇史 (Takashi Miike)
脚本 大川俊道 (Toshimichi Okawa)
原案 夏山佳久 (ナツヤマヨシヒサ)
企画 夏山佳久 (ナツヤマヨシヒサ)
製作 夏山易子 (ナツヤマヤスコ)
プロデューサー 田所幸三 (タドコロコウゾウ) 夏山昌一郎 (ナツヤマショウイチロウ)
撮影 金子正人 (カネコマサト)
美術 坂本朗 (サカモトアキラ)
音楽 遠藤浩二 (エンドウコウジ)
録音 佐藤幸哉 (サトウ)
音響効果 柴崎憲治 (シバザキケンジ)
照明 田村文彦 (タムラフミヒコ)
編集 島村泰司 (シマムラ)
ポスプロダクションプロデューサー 金子尚樹 (カネコナオキ)
助監督 加藤文明 (カトウ) 金丸雄一 (カネマルユウイチ)
CGIディレクター 太田垣香織 (オオタガキカオリ)
企画協力 瀬戸恒雄 (セトツネオ)
製作統括 夏山静香 (ナツヤマシズカ)

■キャスト

俳優名 役名
哀川翔 (Sho Aikawa)  片山敏樹
佐藤藍子 (サトウアイコ)  滝沢真弓
森本慧 (モリモトサトシ)  神木彰
吉岡美穂 (ヨシオカミホ)  片山香緒里
勝野洋 (カツノヒロシ)  田口邦男
小木茂光 (Shigemitsu Ogi) 
本宮泰風 (モトミヤヤスカゼ)  新田誠
平泉成 (Sei Hiraizumi)  福島太郎
夏山千景 (ナツヤマチカゲ)  レイナ
冨浦智嗣 (トミウラサトシ) 
佐々木麻緒 (ササキマオ)  片山彩乃
蜷川みほ (ニナガワミホ)  片山陽子
高味光一郎 (タカミコウイチロウ)  富樫
遠藤憲一 (Kenichi Endo)  ドラックストア店員
松重豊 (Yutaka Matsushige)  尾崎勝也
風間トオル (Toru Kazama)  内村洋平
宅麻伸 (タクマシン)  赤津洸一郎

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!