映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • トンマッコルへようこそ

敵味方の兵隊が人里離れた平和な村で出会った時、そこに感動を呼ぶ物語が生まれる。2005年度韓国興行収入No.1のヒット作

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

1950年代、朝鮮戦争が続く中、戦争とはまるで無縁の平和な村が山奥にあった。その名はトンマッコル。そんな村へまるで導かれるように、アメリカ人パイロットのスミス、韓国軍の2人、それに敵対する人民軍の3人がやってきた。顔を合わすなり、銃を持ってにらみ合う両者だが、銃や手榴弾を見たことがない村人たちは呑気なもの。偶然から村人たちの食料貯蔵庫を爆破してしまった兵士たちは、ひとまず協力して村人たちの畑仕事を手伝うことに。やがて両者に心の交流が生まれてくるが…。



■解説

「トンマッコル」、それは「子どものように純粋」という名の村。「戦争」や「憎しみ」といった汚れを知らない理想郷だ。そこでは敵味方もなく、双方の兵士が手を取り合って協力しあえるところである。それは朝鮮戦争という、同じ民族同士で殺しあった過去を持つ現代の韓国人が、「そんな過去はなかったことにしたい」という願いから生まれた夢かもしれない。現実は甘くないが、だからこそ映画の中では「理想」が表現できるのだ。ファンタジックな美しい映像、『千と千尋の神隠し』の実写版を見ているかのような錯覚を誘う久石譲の音楽(村の入口には似たような石像も登場する!)、そして涙なしには見られない感動のラストシーン、と美しくも見どころ満載の映画だ。泣けます。

  • 2006年10月28日 より シネマスクエアとうきゅう、シネ・リーブル池袋、CINEMART 六本木ほか全国にて

  • 配給:日活
  • 製作国:韓国(2005)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 パク・クァンヒョン (Park Kwang hyun)
脚本 チャン・ジン (Jang Jin) パク・クァンヒョン (Park Kwang hyun) キム・ジュン (Kim Joong)
原作 チャン・ジン (Jang Jin)
製作総指揮 キム・ウテク (Kim Woo-taek) チョン・テソン (Jeong Tae sung)
プロデューサー チャン・ジン (Jang Jin)
撮影 チェ・サンホ (Choi Sang ho)
美術 イ・ジュンスン (Lee June seung)
セット チョ・ジェウ (Cho Jae woo)
音楽 久石譲 (ヒサイシジョウ)
同時録音 イ・チェンファン (Lee Choog hwan)
音響 キム・ソグォン (Kim Suk won)
照明 イ・マンギ (Lee Man kyu)
編集 チェ・ミニョン (Choi Min-young)
衣装 クォン・ユジン (Kwon Yoo jin)
演奏 東京シティフィルハーモニーオーケストラ (トウキョウ・シティ・フィルハーモニーオーケストラ)
アソシエイト・プロデューサー マ・サンジュン (Ma Sang jun)
ラインプロデューサー イ・ウナ (Lee Eun ha)
記録 コ・ミョンミ (Ko Myoung mi)
ロケーションマネージャー チ・サンヨン (Ji Sang yong)
ビジュアル・スーパーバイザー キム・ジュン (Kim Joong)
視覚効果 チョ・イソク (Cho E suck)
特殊効果 ミン・チスン (Min Chi soon)
武術監督 ユ・チャングク (Ryu Chang guk)
特殊メイク キム・ヨングァン (Kim Yong kwan)
日本語字幕 根本理恵 (Rie Nemoto)

■キャスト

俳優名 役名
シン・ハギュン (Shin Ha-kyun)  Pyo Hyun cheol
チョン・ジェヨン (Jeong Jae-Yeong)  Lee Soo hwa
カン・ヘジョン (Kang Hye-jeong)  Yeo il
イム・ハリョン (Lim Hae jeong)  Jang Young hee
スティーブ・テシュラー (Steve Taschler)  Smith
ソ・ジョギョン (Seo Jae gyung)  Moon Sang sang
リュ・ドックファン (Ryu Duk hwan)  SeoTaeki gi

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!