映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 暴力団再武装

『博徒外人部隊』に続く鶴田浩二主演の現代任侠やくざ映画。

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

茨木県東島は数年後の大工業都市が約束されていた。関東一の広域組織菊名会は、暴力取締強化によって減少する資金源の肩がわりをこの東島によって満そうとし、大幹部七人衆のひとり若竹の派遣を決定した。だが、このことは舎弟頭の神崎にとって面白いことではなかった。縄張り獲得後に予想される利益がはかり知れないほど莫大であることは目に見えていたからである。ところで東島を仕切る旧勢力は、津金組とその兄弟会の百人ばかりであった。津金組は、その黒い侵入者が菊名会だということを察知出来ないまま、犠牲者を増し、親分の津金までも失った。



■解説

『博徒外人部隊』に続く鶴田浩二主演の現代任侠やくざ映画。脚本は『新宿の与太者』の村尾昭。監督は『最後の特攻隊』の佐藤純彌。撮影は『ずべ公番長 はまぐれ数え唄』の飯村雅彦がそれぞれ担当。 (キネマ旬報 全映画作品データベースより)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1971)
    • ジャンル:
    • 任侠/時代劇

■スタッフ

監督 佐藤純彌 (Junya Sato)
脚本 村尾昭 (ムラオアキラ)
企画 俊藤浩滋 (Koji Shundo) 吉田達 (ヨシダトオル)
撮影 飯村雅彦 (イイムラマサヒコ)
美術 北川弘 (キタガワヒロシ)
音楽 日暮雅信 (ヒグレマサノブ)
録音 小松忠之 (コマツタダユキ)
照明 梅谷茂
編集 田中修
助監督 寺西国光 (テラニシクニミツ)
スチル 槙大輔 (マキダイスケ)

■キャスト

俳優名 役名
鶴田浩二 (Koji Tsuruta)  若竹勇
若山富三郎 (Tomisaburo Wakayama)  石堂竜吉
丹波哲郎 (Tetsuro Tanba)  神崎威男
近衛十四郎 (コノエジュウシロウ)  菊名政次
待田京介 (マチダキョウスケ)  三好五郎
清水元 (シミズゲン)  津金信三
吉行和子 (Kazuko Yoshiyuki)  田島三枝子
菅井一郎 (スガイイチロウ)  田島
小池朝雄 (Asao Koike)  小府方誠
室田日出男 (ムロタヒデオ)  鏑木重男
渡瀬恒彦 (Tsunehiko Watase)  宮地三郎
近藤宏 (コンドウヒロシ)  高山清市
福山象三 (フクヤマショウゾウ)  為さん
長谷川弘 (ハセガワヒロシ)  安さん
山田甲一 (ヤマダコウイチ)  長さん
藤山浩二 (フジヤマコウジ)  中津恭平
高橋正夫 (タカハシマサオ)  吉松実
植田灯孝 (ウエダトモタカ)  黒須正徳
内田朝雄 (Asao Uchida)  畠山泰三
渡辺文雄 (ワタナベフミオ)  正木警部
中田博久 (ナカタヒロヒサ)  金子刑事
日尾孝司 (ヒオコウジ)  相馬
五野上力 (ゴノウエリキ)  根岸
野口貴史 (ノグチタカシ)  江藤
須賀良 (スガリョウ)  岩見
田口計 (タグチケイ)  関根直人
佐川二郎 (サガワジロウ)  アンコ
山浦栄 (ヤマウラサカエ)  アンコ
木村修 (キムラオサム)  アンコ
泉福之助 (イズミフクノスケ)  アンコ
石田信行 (イシダノブユキ) 
八名信夫 (Nobuo Yana)  日高徹
清水照夫 (シミズテルオ)  津金組々員
河合絃司 (カワイゲンジ)  船長
沢彰謙   吉岡組々長
久保一 (クボハジメ)  村井組々長
長島岳   田坂組々長
北川恵一 (キタガワケイイチ)  高井
打越正八   農民
相馬剛三 (ソウマゴウゾウ)  農民
滝島孝二 (タキシマコウジ)  農民
亀山達也 (カメヤマタツヤ)  秋山
高月忠 (タカツキチュウ)  安部
岩本弘司 (イワモトコウジ)  倉成
西本良二郎 (ニシモトリョウジロウ)  坂井
小林千枝 (コバヤシチエ)  謎の女
小林稔侍 (Nenji Kobayashi)  野崎
城春樹   木村
花田達   清村
白石恵美子 (シライシエミコ)  若竹の女
北原ミレイ (キタハラミレイ)  歌手
三重街竜   刺客
菅原壮男   ボーイ
畑中猛重 (ハタナカタケシゲ)  山崎
滝史郎   須賀
谷本小夜子 (タニモトサヨコ)  長さんの女房
三浦忍 (ミウラシノブ)  西村
美原亮   中年男
梶原真由美 (カジワラマユミ)  ホステス

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!