映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • もんしぇん

わたしの中にも海がある……時は止まりまた動き始める

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

バスが急勾配の道を上って行く。気分が悪くなって途中で降りてしまった“はる”。ふと目にした小さな草舟に導かれるように辿り着いた入り江では、老人たちが泥人形を作っていた。彼らはごく自然に、はるに手伝いを頼み、船に乗せて小さな島に連れ帰る。もと来た道へ戻る術をなくし、妊娠していることも見透かされたはるは、渋々老人たちが暮らす不思議な家に留まることに。そこにもう一人、“作一”という老人が迷い混んでくる。



■解説

来るものがいれば去るものもいる。小さな島に辿り着いた人々が、寄り添うように生きる場所で、不思議な体験をする“はる”。演じる玉井夕海は16歳のときに天草の海に出会い、そこで得たインスピレーションをもとに、映画をつくりたいと思い続けてきたという。そんな玉井が企画・脚本・音楽を手がけ、新人の山本草介が初メガホンをとった本作は、まるで一編の詩のような美しさと、生命への敬意に溢れたファンタジーだ。老婆たちの有無をも言わさぬ強引さや、赤の他人であってもその場に居合わせた者を受け入れる寛容さは、海の持つ包容力に似ている。そして、命を育み、死をも受け入れる水の力に逆らわないことが、迷える主人公はるを救うのだ。

  • 2006年8月19日 より 上野・一角座にて

  • 配給:シグロ
  • 製作国:日本(2006)
    • ジャンル:
    • SF/ファンタジー
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 山本草介 (ヤマモトソウスケ)
脚本 玉井夕海 (タマイユミ) 山本草介 (ヤマモトソウスケ) 海津研 (カイツケン)
製作 山上徹二郎 (ヤマガミテツジロウ)
プロデューサー 渡辺栄二 (ワタナベエイジ)
イメージ設計 海津研 (カイツケン)
撮影 池内義浩 (イケウチヨシヒロ)
美術 須坂文昭 (スサカフミアキ)
セット建築 松田良志 (マツダリョウジ)
セット造成担当 杉本良一 (スギモトリョウイチ)
セット電気工事担当 森枝三千尋 (モリエダミチヒロ)
音楽 玉井夕海 (タマイユミ)
音楽監修 中原達彦 (ナカハラタツヒコ)
録音 鈴木昭彦 (スズキアキヒコ)
音響効果 中村佳央 (ナカムラヨシオ)
照明 大坂章夫 (オオサカアキオ)
ネガ編集 小田島悦子 (オダジマエツコ)
衣装 宮本まさ江 (Masae Miyamoto)
ヘアメイク 酒井香 (サカイカオリ)
ポストプロダクションプロデューサー 金子尚樹 (カネコナオキ)
スタジオエンジニア 大屋みほ子 (オオヤミホコ)
音楽録音 菊池光男 (キクチミツオ)
キャスティングプロデューサー 西田文郎 (ニシダフミロウ)
製作デスク 石田優子 (イシダユウコ) 井上雅央
プロダクションマネージャー 佐々木正明 (ササキマサアキ)
製作進行 宮本亮太 (ミヤモトリョウタ) 小林雄一郎 (コバヤシユウイチロウ) 小玉憲一 (コダマケンイチ)
助監督 岡秀樹 (オカヒデキ)
製作協力 大和田廣樹 (オオワダヒロキ)
製作担当 濱崎林太郎 (ハマザキリンタロウ) 橋本淳司 (ハシモトジュンジ)
小道具 出井奈保 (デイナホ)
棺船制作 阿部麻海 (アベアサミ)
土人形(はる人形)制作 北井あけみ (キタイアケミ)
ロケ船舶担当 松田良志 (マツダリョウジ) 田中紀也
ロケ食事担当 森枝房子 (モリエダフサコ)
スチールメイキング 加藤芳美 (カトウヨシミ)
タイトル 道田昭 (ミチダアキラ)
タイミング 安齋公一 (アンザイコウイチ)
オプチカル 中村義夫 (ナカムラヨシオ) 高橋幹夫 (タカハシミキオ)

■キャスト

俳優名 役名
玉井夕海 (タマイユミ)  はる
玉川スミ (タマガワスミ)  キクノオバ
神田時枝 (カンダトキエ)  志乃
松尾嘉子 (マツオヨシコ)  ちい
榎木兵衛 (Hyoe Enoki)  敏男
今野鶏三 (コンノケイゾウ)  金蔵
沼田康弘 (ヌマタヤスヒロ)  政男
荒木昭行  
松崎トヨコ (マツザキトヨコ) 
森枝トラエ (モリエダトラエ) 
近藤正臣 (Masaomi Kondo)  作一

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!