映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 出口のない海

なぜ彼らは、その任務を選んだのか。梨園の御曹司・市川海老蔵が映画デビューを果たした、一流スタッフによる戦争ドラマ

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

時は1945年4月。青年が、一隻の潜水艦に乗り込んでいく。彼の名は並木浩二。戦況苦しい日本を前に、自ら志願した極秘任務を果たそうとしているのだ。野球ボールを握る彼の胸に、思い出が去来する。高校時代、甲子園優勝投手として周囲の注目を集め、大学に進学したこと。大事な肩を痛めたこと。しかし夢をあきらめなかった日々。そして日米が開戦。同級生らが志願しはじめ、並木も海軍への志願を決める。彼の任務は人間魚雷“回天”としての、敵艦への激突だった。



■解説

『半落ち』の佐々部清がメガホンを執り、再び横山秀夫の小説を基に映画化。仰々しさに陥ることのない演出で、人間ドラマを細やかに紡ぎ、感動を喚起させる。『半落ち』原作・監督コンビに加え、脚本を日本映画界が誇るふたりが担当しているのも見逃せない。作品の土台を、『たそがれ清兵衛』の山田洋次と、海外でも高く評価された『うなぎ』の脚本家・冨川元文が、きっちりと作り上げている。主演の市川海老蔵は、満を持しての映画デビューで、戦争に身を投じた青年・並木を熱演。並木と想いを寄せ合う女性・美奈子を演じた上野樹里も、これまでのイメージとは違う表情を見せる。戦争を通じ、生きる意味を深く問いかける大作。

  • 2006年9月16日 より 丸の内ピカデリー2ほか全国松竹・東急系にて

  • 配給:松竹
  • 製作国:日本(2006)
    • ジャンル:
    • 戦争
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 佐々部清 (Kiyoshi Sasabe)
脚本 山田洋次 (Yoji Yamada) 冨川元文 (トミカワモトフミ)
原作 横山秀夫 (ヨコヤマヒデオ)
撮影 柳島克己 (ヤナギジマカツミ)
美術 福澤勝広 (Katsuhiro Fukuzawa)
装飾 湯澤幸夫 (ユザワユキオ)
音楽 加羽沢美濃 (カバサワミノ)
音楽プロデューサー 高石真美 (タカイワマミ)
主題歌 竹内まりや (タケウチマリヤ)
録音 鈴木肇 (スズキハジメ)
整音 清水和法 (シミズカズノリ)
照明 渡辺三雄 (ワタナベミツオ)
編集 川瀬功 (カワセイサオ)
ヘアメイク 井手奈津子 (イデナツコ)
キャスティング 川村恵 (Kei Kawamura)
ラインプロデューサー 小松次郎 (コマツジロウ)
製作担当 吉崎秀一 (ヨシザキシュウイチ)
助監督 山本亮 (ヤマモトアキラ)
スクリプター 山下千鶴 (ヤマシタチヅル)
スチール 鈴木さゆり (スズキサユリ)
VFXスーパーバイザー 貞原能文 (サダハラヨシフミ)

■キャスト

俳優名 役名
十一代目市川海老蔵 (Ebizo Ichikawa)  並木浩二
伊勢谷友介 (Yusuke Iseya)  北勝也
上野樹里 (Ueno Juri)  鳴海美奈子
塩谷瞬 (Shun Shioya)  伊藤伸夫
柏原収史 (Shuji Kashiwabara)  佐久間安吾
伊嵜充則 (Mitsunori Isaki)  沖田寛之
尾高杏奈 (オダカアンナ)  並木幸代
黒田勇樹 (クロダユウキ)  小畑聡
平山広行 (ヒラヤマヒロユキ)  剛原力
桐谷健太 (Kenta Kiritani)  田野倉
嶋尾康史 (シマオヤスシ)  柴田マスター
竹嶋康成 (タケシマヤスナリ)  外山少尉
田村三郎 (タムラサブロウ)  橋口少尉
永島敏行 (Toshiyuki Nagashima)  馬場大尉
田中実 (Minoru Tanaka)  戸田航海長
高橋和也 (Kazuya Takahashi)  剣崎中尉
平泉成 (Sei Hiraizumi)  佐藤校長
香川照之 (Teruyuki Kagawa)  鹿島艦長
古手川祐子 (Kotegawa Yuko)  並木光江
三浦友和 (Tomokazu Miura)  並木俊信

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!