映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 紙屋悦子の青春

戦火に芽生えた、淡い恋。

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

鹿児島の片田舎に住む紙屋悦子は、兄夫婦と3人、寄り添うように暮らしていた。長引く戦争に、不安は募るが、酸っぱくなった芋に文句を言ったり、亡き父の思い出話に大笑いしたりと、家族と過ごす時間は、楽しいものであった。ある日、悦子に見合い話しが持ち上がった。相手は、兄の高校の後輩である明石少尉の親友、永与少尉だった。悦子と明石は、密かに心を寄せ合っていた。しかし、海軍航空隊に所属する明石は、明日の命も危ぶまれる身。自分よりも、生き残る可能性が高い永与に、悦子を任せようとしたのだった。



■解説

『美しい夏キリシマ』の黒木和雄監督が、松田正隆原作の戯曲を、美しく静かなタッチで映像化した。松田氏の実の母親がモデルの、実話に基づいたストーリーで、撮影で使われた家に、今も母上は住んでいるという。作品中には、悦子の小さな家と、兄夫婦、明石、永与しか登場しない。昭和20年代そのままに再現された家や、道具たちを背景に、物語はゆっくりゆっくりと進む。無駄な物、贅沢な物が何一つなく、まじめさが評価された時代の人々の美しさを、言葉少なく、描きつくしている。主演は、原田知世、小林薫、永瀬正敏ら。華やかな演出が何一つない中での、“人間“を演じる技量が光る。質素と言う「日本の美」を、久しぶりに見た作品。

  • 2006年8月12日 より 岩波ホールほか全国にて順次公開

  • 配給:パル企画
  • 製作国:日本(2006)
    • ジャンル:
    • 戦争
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 黒木和雄 (Kazuo Kuroki)
脚本 黒木和雄 (Kazuo Kuroki) 山田英樹 (ヤマダヒデキ)
原作 松田正隆 (マツダマサタカ)
企画 深田誠剛 (Seigou Fukada) 久保忠佳 (クボタダヨシ) 梅澤道彦 (ウメザワミチヒコ)
製作 川城和実 (Kazumi Kawashiro) 松原守道 (マツバラモリミチ) 亀山慶二 (カメヤマケイジ) 多井久晃 (タイヒサアキ) 鈴木ワタル (スズキワタル)
プロデューサー 河野聡 (カワノサトシ) 内藤和也 (ナイトウカズヤ) 杉山登 (スギヤマノボル) 大橋孝史 (オオハシタカシ) 磯田修一 (イソダシュウイチ)
撮影 川上皓市
美術監督 木村威夫 (Takeo Kimura)
美術 安宅紀史 (アタカノリフミ)
音楽 松村禎三 (マツムラテイゾウ)
録音 久保田幸雄 (クボタユキオ)
照明 尾下栄治 (オノシタエイジ)
編集 奥原好幸 (オクハラヨシユキ)
衣裳デザイン 宮本茉莉 (ミヤモトマリ)
ヘアデザイン 小堺なな
ラインプロデューサー 桜井勉 (サクライツトム)
助監督 清水俊悟 (シミズシュンゴ)
スクリプター 内田絢子
プロデューサー補 上山公一 八木健太 (ヤギケンタ) 小久保聡 (コクボサトシ)
題字 赤松陽構造 (アカマツヒコゾウ)
スチール 遠崎智宏 (トオザキトモヒロ)

■キャスト

俳優名 役名
原田知世 (Harada Tomoyo)  紙屋悦子
永瀬正敏 (Masatoshi Nagase)  永与少尉
松岡俊介 (マツオカシュンスケ)  明石少尉
本上まなみ (Honjo Manami)  ふさ
小林薫 (Kaoru Kobayashi)  安忠

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!