映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 純ブライド

さよならは4回、さようならは5回。唇を数回動かしただけで、人は人と別れてしまえる。

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

不良で問題ばかり起こしている茶ボーこと茶稿夏美は、失恋のショックからなかなか立ち直れず、ヤケになって暴れたり、毎日を沈んで過ごしていた。そんなある日、茶ボーが家に帰ると、中学校時代のの同級生・純子が部屋に上がりこんでいた。純子が家を失い、行き場をなくしたことを知った茶ボーは放っておけず、純子を家に住まわせることにする。半ば成り行きから、六畳一間の狭いアパートでの二人の同棲生活がスタートする。六畳一間のアパートの中で繰り広げられる同棲生活。愛することの痛みと喜びを知る全ての人々に送る、切なくも懐かしい青春ラブストーリーがここに誕生した。



■解説

不良の茶ボーを演じるのは、映画&ミュージカル「テニスの王子様」に手塚国光役で主演、TBS「はなまるマーケット」にレギュラー出演と大活躍中のD−BOYSの城田優。茶ボーの同級生で後に恋人となる純子役には、99年にグラビア雑誌でデビュー以降、数々のバラエティー番組に出演し、映画『あさってDANCE』出演、今後は『ここにいる』『カラーズ』などの話題作の公開が控える川村亜紀。今後の活躍が注目の二人の初共演作『純ブライド』から目が離せない!(作品資料より)

  • 2006年5月27日 より シネマGAGA!(レイト)にて

  • 配給:トルネード・フィルム
  • 製作国:日本(2006)
    • ジャンル:
    • ラブ・ストーリー
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 廣田幹夫 (ヒロタミキオ)
脚本 高木裕治 (タカギユウジ)
原作 吉田聡 (Satoshi Yoshida)
製作 假屋勝 (カリヤマサル) 叶井俊太郎 (カナイシュンタロウ)
プロデューサー 花村佳代子 (ハナムラカヨコ) 大橋孝史 (オオハシタカシ) 黒須功 (クロスイサオ)
撮影 中尾正人 (ナカオマサト)
録音 塩原政勝 (シオバラマサカツ)
照明 中村拓 (ナカムラヒロム)
衣裳 杉本京加 (スギモトキョウカ)
助監督 田中耕作 (タナカコウサク)

■キャスト

俳優名 役名
城田優 (Yu Shirota)  茶稿夏美(茶ボー)
川村亜紀 (カワムラアキ)  織田純子
鈴木裕樹 (スズキヒロキ) 
荒木宏文 (アラキヒロフミ) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!