映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 張り込み('58)

兇悪犯を追う刑事の姿を描いたセミ・ドキュメンタリ篇。

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

警視庁捜査第一課の下岡と柚木は、質屋殺しの共犯石井を追って佐賀へ発った。主犯の自供によると、石井は兇行に使った拳銃を持って、三年前上京の時別れた女さだ子に会いたがっていた。さだ子は今は佐賀の銀行員横川の後妻になっていた。石井の立寄った形跡はまだなかった。両刑事はその家の前の木賃宿然とした旅館で張込みを開始した。さだ子はもの静かな女で、熱烈な恋愛の経験があるとは見えなかった。ただ、二十以上も年の違う夫を持ち、不幸そうだった。猛暑の中で昼夜の別なく張込みが続けられる…。



■解説

小説新潮所載の松本清張の同名小説の映画化で、『伴淳・森繁の糞尿譚』のコンビ、橋本忍が脚色、野村芳太郎が監督した。撮影も同じく『伴淳・森繁の糞尿譚』の井上晴二。主演は『淑女夜河を渡る』の大木実、高千穂ひづる。『その夜のひめごと』の宮口精二、『喜びも悲しみも幾歳月』の高峰秀子、田村高廣。ほかに松本克平、藤原釜足、浦辺粂子、多々良純、川口のぶなど。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1958)
    • ジャンル:
    • スリラー/サスペンス

■スタッフ

監督 野村芳太郎 (Yoshitaro Nomura)
脚色 橋本忍 (Shinobu Hashimoto)
原作 松本清張 (マツモトセイチョウ)
企画 小倉武志 (オグラタケシ)
撮影 井上晴二 (イノウエハルジ)
美術 逆井清一郎
音楽 黛敏郎 (Toshiro Mayuzumi)
録音 栗田周十郎 (クリタシュウジュウロウ)
照明 鈴木茂男 (スズキシゲオ)
編集 浜村義康 (ハマムラヨシヤス)

■キャスト

俳優名 役名
宮口精二 (Seiji Miyaguchi)  下岡雄次(捜査第一課刑事)
菅井きん (スガイキン)  下岡満子(下岡の妻)
竹本善彦 (タケモトヨシヒコ)  下岡辰男(下岡の長男)
大木実 (オオキミノル)  柚木隆男(捜査第一課刑事)
高千穂ひづる (タカチホヒヅル)  高倉弓子(柚木の恋人)
藤原釜足 (Kamatari Fujiwara) 
文野朋子 (フミノトモコ) 
松本克平 (マツモトカッペイ)  横川仙太郎(銀行員)
高峰秀子 (Takamine Hideko)  横川さだ子(横川の後妻)
浦辺粂子 (ウラベクメコ)  繁子(肥前屋の女主人)
山本和子 (ヤマモトカズコ)  秋江(肥前屋の女中)
川口のぶ (カワグチノブ)  信子(立花湯の娘)
北林谷栄 (Tanie Kitabayashi)  信子の母
田村高廣 (Takahiro Tamura)  石井(強盗殺人犯人)
内田良平 (ウチダリョウヘイ)  山田(強盗殺人犯人主犯)
大友富右衛門 (オオトモトミエモン)  佐賀警察署長
多々良純 (タタラジュン)  佐々木(佐賀署の巡査)
芦田伸介 (アシダシンスケ)  捜査課長
近衛敏明 (コノエトシアキ)  捜査係長
末永功 (スエナガイサオ)  血液銀行係
草香田鶴子 (クサカタヅコ)  製本屋
小林十九二 (コバヤシトクジ)  洗濯屋
大友純 (オオトモジュン)  飯場の人夫頭
松下猛夫 (マツシタタケオ)  刑事
玉島愛造   立花湯の釜焚き

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!