映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 明日の記憶

失われていく記憶の隙間に、生きることの美しさを描いた感動の物語

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

広告会社の営業マンとして働く雅行は、時に家庭を返り見ないほど仕事に没頭してきた。大きなプロジェクトと娘の結婚を控え、忙しい日々を送っていたが、50歳を前にしたある日、原因不明の体調不良に襲われる。ミーティングを忘れたり、部下の顔が思い出せず、心配になった雅行は病院を訪れ、医師から「若年性アルツハイマー」の診断を受ける。そんな雅行を、妻の枝実子は献身的に支え、一緒に病と闘うことを決心する……。



■解説

『私の頭の中の消しゴム』でも注目された「若年性アルツハイマー病」をテーマに、病を背負った働き盛りの男性と、彼を支える妻の絆を描いた感動作品。当たり前だった風景が記憶から消えていく恐ろしさを、渡辺謙が卓越した演技力で見せている。また、辛さを心の内にひた隠しながら、最後まで夫の傍にいることを決めた妻を、樋口可奈子が熱演。監督は、ユニークな映像で独特の世界観を発揮する堤幸彦。複雑な感情表現が必要なドラマで、新境地を開いている。原作は、第18回山本周五郎賞を受賞した、荻原浩の同名小説。忘れてしまうことの恐れと、忘れられてしまうことの痛み、それらを乗り越え、なお笑顔を見出していく夫婦の姿が、深く心に残る。

  • 2006年5月13日 より 丸の内TOEI1ほか全国東映系にて

  • 配給:東映
  • 製作国:日本(2005)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 堤幸彦 (Yukihiko Tsutsumi)
脚本 砂本量 (スナモトハカル) 三浦有為子 (ミウラユイコ)
原作 荻原浩 (オギワラヒロシ)
エグゼクティブプロデューサー 渡辺謙 (Ken Watanabe)
企画 中曽根千治 (ナカソネチハル)
製作 坂上順 (サカガミスナオ) 川村龍夫 (カワムラタツオ)
プロデューサー 野村敏哉 (ノムラ) 中沢晋 (ナカザワススム)
撮影 唐沢悟 (カラサワサトル)
美術 及川一 (オイカワハジメ)
音楽 大島ミチル (オオシマミチル)
録音 田中靖志 (タナカヤスシ)
照明 木村匡博 (Masahiro Kimura)
編集 伊藤伸行 (イトウノブユキ)
オーボエ奏者 宮本文昭
スクリプター 奥平綾子
監督補 丸毛典子 (マルモノリコ)
陶芸監修 澤村陶哉 (サワムラトウサイ)
医事監修 本間昭 (ホンマアキラ)

■キャスト

俳優名 役名
渡辺謙 (Ken Watanabe)  佐伯雅行
樋口可南子 (Higuchi Kanako)  佐伯枝実子
坂口憲二 (Kenji Sakaguchi)  伊東直也
田辺誠一 (Seiichi Tanabe)  園田守
袴田吉彦 (Yoshihiko Hakamada)  安藤俊彦
吹石一恵 (Fukiishi Kazue)  佐伯梨恵
水川あさみ (Mizukawa Asami)  生野啓子
市川勇 (イチカワイサム)  粟野集
松村邦洋 (マツムラクニヒロ)  柿崎智宏
MCU (エムシーユー)  馬場敏哉
木梨憲武 (キナシノリタケ)  木崎茂之
及川光博 (Mitsuhiro Oikawa)  吉田武宏
遠藤憲一 (Kenichi Endo)  長谷川局長
木野花 (Kino Hana)  恩田
渡辺えり (Watanabe Eri)  浜野喜美子
香川照之 (Teruyuki Kagawa)  河村篤志
大滝秀治 (Hideji Otaki)  菅原卯三郎

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!