映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 映画ドラえもん のび太の恐竜2006

「ドラえもん」映画史上、屈指の名作が26年の歳月を経て完全復活!

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

恐竜の化石の自慢をするスネ夫に対抗し、「自分も恐竜の化石を発掘してみせる」と宣言したのび太は、ひょんなことから恐竜の卵らしきものを発見。その卵を孵化させてみると、なんと生まれたのは白亜紀の日本に生息していたフタバスズキリュウだった! その恐竜に“ピー助”と名づけたのび太はママに内緒で飼い始めるが、ピー助はどんどん成長していき、公園の池に放つことに。やがて町では「公園に怪獣がいる」と大騒ぎになり……。



■解説

藤子・F・不二雄の劇場第1作目にして不朽の名作『のび太の恐竜』が、26年ぶりにスクリーンに復活。昨年、大山のぶ代ら声優陣を一新し、新たなキャストで臨む新生「ドラえもん」初の長編劇場公開版となる今回も、頼もしいのび太やかっこいいジャイアンなど、映画版ならではのキャラ設定はもちろん健在。また、本作で描かれている勇気、優しさ、友情など温かいメッセージ性も、オリジナル版と同じく大きな見どころだ。ゲスト声優として、ピー助役に神木隆之介、恐竜ハンターに船越英一郎が出演。

  • 2006年3月4日 より 日劇2ほか全国東宝系にて

  • 配給:東宝
  • 製作国:日本(2006)
    • ジャンル:
    • アニメーション
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

総監督 楠葉宏三
監督 渡辺歩 (ワタナベアユム)
演出 宮下新平 (ミヤシタシンペイ)
脚色 渡辺歩 (ワタナベアユム) 楠葉宏三
原作 藤子・F・不二雄 (フジコエフフジオ)
チーフプロデューサー 増子相二郎 (マスコ) 杉山登 (スギヤマノボル)
プロデューサー 小倉久美 吉川大祐 (ヨシカワダイスケ) 山崎立士 (ヤマザキ)
絵コンテ 渡辺歩 (ワタナベアユム)
作画監督 小西賢一 (コニシケンイチ)
撮影監督 熊谷正弘 (クマガイマサヒロ)
美術監督 西田稔 (ニシダミノル)
音楽 沢田完 (サワダカン)
主題歌 夏川りみ (ナツカワリミ)
録音監督 田中章喜 (タナカアキヨシ)
ダイアログ・エディター 内山敬章 (Hiroaki Uchiyama)
効果 糸山幸良
編集 岡安肇 (オカヤスハジメ)
制作デスク 外崎真 (ソトザキマコト) 山崎智史
原画制作 別紙直樹 (ベッシナオキ)
特殊効果 干場豊
CG監督 木船徳光 (キブネトクミツ)
色彩設計 松谷早苗 (マツタニサナエ)
色彩設計補佐 堀越智子 (ホリゴエトモコ)
色指定 吉田晴絵
出演(声) 水田わさび (ミズタワサビ) 大原めぐみ (オオハラメグミ) かかずゆみ (カカズユミ) 木村昴 (キムラスバル) 関智一 (セキトモカズ) 神木隆之介 (Ryunosuke Kamiki) 船越英一郎 (Eiichiro Funakoshi) 内海賢二 (Kenji Utsumi) 劇団ひとり (ゲキダンヒトリ) 三石琴乃 (ミツイシコトノ) 松本保典 (マツモトヤスノリ) 高山みなみ (タカヤマミナミ) 大橋卓弥 (Takuya Ohashi) 常田真太郎 (Shintaro Takita) 楠見尚己 (クスミナオミ) 宇垣秀成 (ウガキヒデナリ) 高戸靖広 (タカドヤスヒロ) 木村雅史 (キムラマサシ) 後藤史彦 (ゴトウフミヒコ) 下和田ヒロキ (Hiroki Shimowada) 幸田昌明 (コウダマサアキ) まるたまり 倉田雅世 (クラタマサヨ) 桃森すもも (モモモリスモモ) 瀬那歩美 (セナアユミ) 福圓美里 (フクエンミサト) 山下亜矢香 (ヤマシタアヤカ)

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!