映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ダ・ヴィンチ・コード

ダ・ヴィンチがその絵に隠した謎とは? 世界的ベストセラーの映画化!

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

講演会のためパリを訪れていたハーヴァード大学教授のラングドン。突然、深夜にフランス司法警察のファーシュ警部に呼ばれ、ルーブル美術館に連れ出される。美術館長のソニエールが殺され、彼に捜査に協力して欲しいとの要請を受けるが、実は、ラングドンも容疑者にされていたのだった。そこにソニエールの孫娘で、暗号解読者のソフィーが現れる。ソフィーは、現場の写真を見て、祖父が自分だけに分かる暗号を残したことに気付く。



■解説

全世界で5000万部を超えるベストセラーの映画化、『ダ・ヴィンチ・コード』が、ついに世界同時公開される。今、雑誌・テレビでは、公開に合わせて、ダ・ヴィンチにまつわる数々の謎について特集が組まれ、空前のダ・ヴィンチ・ブームである。しかし、この映画をより楽しむのには、ダ・ヴィンチより、キリスト教史、美術史など、ヨーロッパ文化に関する知識が必要かも。読んでから観るか、観てから読むかが、よく議論されるが、キリスト教世界の価値観を知るためにも、先に原作を読む方をお奨めしたい。主演は、トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、ジャン・レノ。オドレイ・トトゥは、『アメリ』のイメージを脱し、確かな演技力を見せている。

  • 2006年5月20日 より 日劇1&日劇3ほか全国にて

  • 配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
  • 製作国:アメリカ(2005)
    • ジャンル:
    • スリラー/サスペンス
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 ロン・ハワード (Ron Howard)
脚色 アキヴァ・ゴールズマン (Akiva Goldsman)
原作 ダン・ブラウン (Dan Brown)
製作総指揮 トッド・ハロウェル (Todd Hallowell) ダン・ブラウン (Dan Brown)
製作 ブライアン・グレイザー (Brian Grazer) ジョン・コーリー (John Calley)
撮影 サルヴァトーレ・トティーノ (Salvatore Totino)
美術 アラン・キャメロン (Allan Cameron)
音楽 ハンス・ジマー (Hans Zimmer)
編集 ダン・ハンリー (Dan Hanley) マイク・ヒル (Mike Hill)
衣装 ダニエル・オルランディ (Daniel Orlandi)
共同製作 キャスリーン・マックギル (Kathleen McGill) ルイサ・ヴェリス (Louisa Velis)
字幕翻訳 戸田奈津子 (Natsuko Toda)

■キャスト

俳優名 役名
トム・ハンクス (Tom Hanks)  Dr. Robert Langdon
オドレイ・トトゥ (Audrey Tautou)  Agent Sophie Neveu
イアン・マッケラン (Ian McKellen)  Sir Leigh Teabing
アルフレッド・モリーナ (Alfred Molina)  Bishop Manuel Aringarosa
ユルゲン・プロホノフ (Jurgen Prochnow)  Andre Vernet
ポール・ベタニー (Paul Bettany)  Silas
ジャン・レノ (Jean Reno)  Captain Bezu Fache

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!