映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 燃ゆるとき

会社の、そしてサラリーマンの在り方を問う感動の物語

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

即席めんを主力商品として、アメリカ大陸にも拠点を置く食品会社・東輝水産は、安価な新商品を売り出すアジア各国の企業に押され気味で、工場再建が不可欠となっていた。社長と現地法人の社長の命で単身渡米した資材担当・川森は、さっそく再建に着手する。まずは現地従業員の一時的なレイオフ。そして大幅なコストカット。さらにアメリカ人の嗜好に合う、新たな安くておいしいカップ麺の開発。古株社員と対立しながらも再建は進められ、新発売されたカップめんの評判は上々、すべては順調だと思われたが…。



■解説

実在する食品会社をモデルにした「燃ゆるとき」「ザ・エクセレント カンパニー/新・燃ゆるとき」(原作は「金融腐蝕列島−呪縛−」で知られる経済小説の第一人者・高杉良)をもとに、骨太な作風で定評のある細野辰興監督がメガホンを執った。商品開発と会社再建に命を賭けたサラリーマンたちの姿を描き出している。そう、「プロジェクトX」のようなドキュメンタリー映画『陽はまた昇る』のような実録ものに感動を覚えた人は、心を熱くせずにはいられないだろう。会社の成長、その過程で個々のサラリーマン、そして家族はどうあるべきなのか。その問いに力強いメッセージを送ってくれる作品だ。

  • 2006年2月11日 より 丸の内TOEI1ほか全国東映系にて

  • 配給:東映
  • 製作国:日本(2005)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 細野辰興 (ホソノタツオキ)
脚本 鈴木智 (スズキサトシ)
原作 高杉良 (タカスギリョウ)
製作総指揮 石畑俊三郎 (イシハタシュンザブロウ)
エグゼクティブプロデューサー 藤尾充 (フジオミツル)
プロデューサー 鍋島壽夫 (ナベシマトシオ) 安倍夏彦 (アベナツヒコ)
協力プロデューサー 貝原正行 (カイバラ)
撮影 鈴木達夫 (Tatsuo Suzuki)
美術 愛甲悦子 (アイコウエツコ)
音楽 川崎真弘 (カワサキマサヒロ)
主題歌 小田和正 (オダカズマサ)
録音 鴇田満男 (トキタミツオ)
照明 熊谷秀夫 (クマガイヒデオ)
編集 岡安肇 (オカヤスハジメ)
助監督 猪腰弘之 (イノコシヒロユキ)

■キャスト

俳優名 役名
中井貴一 (Kiichi Nakai)  川森潔
大塚寧々 (Otsuka Nene)  川森隆子
長谷川初範 (Hatsunori Hasegawa)  小田島武史
中村育二 (Ikuji Nakamura)  西村一郎
木下ほうか (Hoka Kinoshita)  山口展人
鈴木英介 (スズキエイスケ)  金子陽太郎
佐藤一平 (サトウイッペイ)  室賀幸雄
奈良橋陽子 (ナラハシヨウコ)  ヨシコ・クレイトン
矢島健一 (Kenichi Yajima)  河本明常務
サマンサ・ヒーリー (サマンサ・ヒーリー)  キャサリン・マクナフ
スティーブン・グライヴス (スティーブン・グライヴス)  チャールズ・ライアン弁護士
ピーター・ケント (ピーター・ケント)  モーガン・ホプキンス弁護士
ジョン・ギブソン (ジョン・ギブソン)  マルケス(精油会社社長)
津川雅彦 (Masahiko Tsugawa)  高木遼太郎社長
伊武雅刀 (Masato Ibu)  大村薫
鹿賀丈史 (Takeshi Kaga)  深井光司

寝ても覚めても









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!