映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ウォーク・ザ・ライン 君につづく道

カントリーミュージックの大御所、ジョニー・キャッシュが生きた日々

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

最愛の兄を事故で亡くしたジョニーは、周りに溶け込めない孤独な少年だった。そんな彼の心の拠り所は、ラジオからいつも流れてくるジューン・カーター(リーズ・ウィザースプーン)の歌声。成長したジョニー(ホアキン・フェニックス)は空軍を除隊後、初恋の女性ヴィヴィアン(ジニファー・グッドウィン)と結婚するが、さらに音楽への夢を募らせていく。彼は軍隊時代の自作曲でオーディションに合格、プロのミュージシャンの道を歩むようになるが妻との諍いは絶えず、ジューン・カーターと共演したのを機に、彼女に心引かれていく。



■解説

黒い衣装を身にまとい“Man in Black”の愛称で親しまれたミュージシャン、ジョニー・キャッシュの生涯を、自伝をもとに映画化。'50〜'60年代を代表するカントリー、ロカビリー、ロックのヒット曲が満載(「ブロークバック・マウンテン」「アメリカ、家族のいる風景」も含め、T・ボーン・バーネットの素晴らしい仕事!)だが、白眉はなんといってもホアキン・フェニックスとリーズ・ウィザースプーンの吹替えなしの歌声だ。その“なりきりぶり”に、ゴールデン・グローブ賞のノミネートは当然と思えるはず。彼らと同時代を生きたエルヴィス・プレスリー、ジェリー・リー・ルイスの登場(演じた俳優のそっくりさん)も、ファンには嬉しいスパイスだ。

  • 2006年2月18日 より テアトル タイムズスクエアほか全国にて

  • 配給:20世紀フォックス映画
  • 製作国:アメリカ(2005)
    • ジャンル:
    • ラブ・ストーリー
    • |
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 ジェームズ・マンゴールド (James Mangold)
脚本 ギル・デニス (Gill Dennis) ジェームズ・マンゴールド (James Mangold)
原作 ジョニー・キャッシュ (Johnny Cash)
製作総指揮 ジョン・カーター・キャッシュ (John Carter Cash) アラン・C・ブロンクィスト (Alan C. Blomquist)
製作 キャシー・コンラッド (Cathy Konrad) ジェームズ・キーチ (James Keach)
撮影監督 フェドン・パパマイケル (Phedon Papamichael)
美術 デヴィッド・J・ボンバ (David J. Bomba)
音楽 T・ボーン・バーネット (T-Bone Burnett)
音楽製作総指揮 T・ボーン・バーネット (T-Bone Burnett)
編集 マイケル・マカスカー (Michael McCusker)
衣装 アリアンヌ・フィリップス (Arianne Phillips)
日本語字幕 戸田奈津子 (Natsuko Toda)

■キャスト

俳優名 役名
ホアキン・フェニックス (Joaquin Phoenix)  Johnny Cash
リース・ウィザースプーン (Reese Witherspoon)  June Carter
ジニファー・グッドウィン (Ginnifer Goodwin)  Vivian Loberto
ロバート・パトリック (Robert Patrick)  Ray Cash
シェルビー・リン (Shelby Lynne)  Carrie Cash
ダラス・ロバーツ (Dallas Roberts)  Sam Phillips

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!