映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ミラーマンREFLEX

現代の街に悪がうごめく時、鏡の世界から伝説の武神が現れる! 新たなミラーマン伝説が始まる。

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

夜の街、逃げる男を追う怪人たち。その前に謎の男と少女が立ちふさがる。鏡を持った少女が言葉を発すると、鏡の光に包まれた男は「鏡の武神」に変身し、怪人たちを倒した。一方、大学の研究員・亜佐美は古代鏡に刻まれた文字の解読を続けていた。解読に成功した時、無意識にある"言霊"を発した亜佐美の前に黒マスクの男が現れる。その男は彼女を鏡文字解読のスポンサーである矢尻のもとに連れていった。矢尻は「鬼道」を現代に甦らせる野望を抱いていた。同じころ、言霊が発せられたことに気づいた者がいた。あの「鏡の武神」に変身した謎の男だった。



■解説

1971年、ウルトラシリーズで人気を得ていた円谷プロが送りだした新たなヒーローがミラーマンだった。激動の時代に生まれた「ミラーマン」は「若く、等身大で悩めるヒーロー」という当時の青年像を反映していた。さて今回の『ミラーマンREFLEX』だが、以前のTVシリーズとは設定やデザイン、そしてキャラクターも大きく変わっており、リメイクというより「別モノ」として見た方がいいだろう。敵も地球征服を狙うインベーダーではなく、鏡の向こうの異世界に住む魔界の邪神で、全体のトーンは日本の古代神話をテイストにした伝奇ホラーだ。それでは別に「ミラーマン」じゃなくても(実際、映画の中では1度も「ミラーマン」という言葉が出てこない)いいような気がするのだが。それはさておき、今回のミラーマンは主人公が人生経験を積んだ30代の大人であり、ヒーローものにありがちな子役も登場しないことから、大人向けの作品として見られる作りになっている。アクションも、等身大と巨大化した後の2パターンあり、特撮ファンには楽しめる。

  • 2006年1月28日 より 渋谷シネ・ラ・セットほか全国にて順次公開

  • 配給:バップ、ゼアリズエンタープライズ
  • 製作国:日本(2005)
    • ジャンル:
    • アクション
    • |
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 小中和哉 (コナカカズヤ)
アクション監督 谷垣健治 (タニガキケンジ)
脚本 小中千昭 (コナカチアキ)
企画 江藤直行 (エトウナオユキ)
製作 大山茂樹 (オオヤマシゲキ) 長富忠裕
プロデューサー 表有希子 (オモテユキコ) 近貞博
撮影 志賀葉一 (シガヨウイチ)
音楽ディレクター 田靡秀樹 (タマヒデキ)
音楽 TAK-MI (タクミ)
音楽プロデューサー 玉川静 穂山賢一 (ホヤマケンイチ)
照明 赤津淳一 (アカヅジュンイチ)
編集 松木朗
アソシエイトプロデューサー 今井朝幸 (イマイトモユキ) 岡川晃基
スーパーバイザー 満田かずほ (ミツダカズホ)
製作統括 大岡新一 (オオオカシンイチ) 大島満 (オオシマミツル)

■キャスト

俳優名 役名
唐渡亮 (カラトリョウ)  影山鑑
石田未来 (イシダミク)  ももそ
伊藤裕子 (イトウユウコ)  緋呂亜佐美
石田信之 (イシダノブユキ)  影山恭太郎
三輪ひとみ (ミワヒトミ)  猪砂雅
伊藤克信 (イトウカツノブ) 
松山鷹志 (Takashi Matsuyama) 
北岡龍貴 (キタオカリュウキ) 
小沢和義 (Kazuyoshi Ozawa)  矢尻祐一郎

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!