映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ギミー・ヘブン

出会いの確立25000×α分の1の二人の、悲しい運命の出会い

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ある豪邸で殺人事件が起きた。その家には、親を亡くし、施設で育った麻里という養女がいた。麻里を受け入れた家庭は全て謎めいた死を遂げていたのだった。新介は、インターネットの盗撮サイトを運営していた。ある日、私生活を映像で公開している女性が失踪したり、カメラの前で投身自殺を図ったりと、盗撮カメラが設置された場所で不可解な事件が続けて起こる。そのカメラから、河川の排水溝で倒れている麻里を見つける。



■解説

共感覚――視覚や聴覚など、ひとつの感覚が刺激を受けた時、本来の感覚以外の感覚が伴って生ずる現象のことである。例えば、甘いものを食べた時に、「黄色い」と感じるような感性である。宮沢賢治、ランボー、フランツ・リスト、スティービー・ワンダーらがそうであると言われている。生活に支障はないが、同じ感性を共有出来る者がいない孤独感があると言われている。本作は、その共感覚をキーとしたサスペンスである。主演は江口洋介、安藤政信、そして、近年出演作が増えている宮崎あおい。監督は、本作がデビューとなる松浦徹、脚本に『世界の中心で愛を叫ぶ』の坂元裕二、音楽にnidoと、今考えられる最高のヒットメーカーが集結した。

  • 2006年1月14日 より ユーロスペース、新宿武蔵野館、シネマサンシャインほか全国にて順次公開

  • 配給:アートポート、ユーロスペース
  • 製作国:日本(2004)
    • ジャンル:
    • スリラー/サスペンス
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 松浦徹 (マツウラトオル)
脚本 坂元裕二 (サカモトユウジ)
エグゼクティブプロデューサー 松下順一 (Junichi Matsushita)
製作 関雅彦 (セキマサヒコ) 武内健 (タケウチケン) 山崎一彦 (ヤマサキカズヒコ)
プロデューサー 掘越謙三 (ホリコシケンゾウ)
共同プロデューサー 西村大志 (ニシムラ) ハタ啓祝
撮影監督 高間賢治 (Kenji Takama)
美術 安藤篤 (アンドウアツシ)
音楽 nido (ニド) 安部潤 (アベジュン)
録音 井家眞紀夫 (イカマキオ)
照明 上保正道 (ウワボマサミチ)
編集 金子尚樹 (カネコナオキ)
衣裳 宮島尊弘
ヘアメイク 高比良法子 (タカヒラノリコ) 内野晶子 (ウチノショウコ)
ラインプロデューサー 飯田康之 (イイダヤスユキ)
制作担当 新井聡 (アライサトシ)
助監督 崎田憲一
記録 岩倉みほ子 (イワクラミホコ)
アシスタントプロデューサー 大野敦子 (オオノアツコ)
整音 山本逸美 (ヤマモトイツミ)
効果 佐々木英世 (ササキヒデヨ)

■キャスト

俳優名 役名
江口洋介 (Yosuke Eguchi)  葉山新介
安藤政信 (Masanobu Ando)  野原貴史
宮崎あおい (Aoi Miyazaki)  路木麻里
小島聖 (Kojima Hijiri)  唐木不由子
鳥肌実 (トリハダミノル)  紺野惣一郎
西田薫 (ニシダカオル)  桑名依子
北川えり (キタガワエリ)  下川美紀
小木茂光 (Shigemitsu Ogi)  滑川宏一
北見敏之 (キタミトシユキ)  柘植琢郎
石田ゆり子 (Ishida Yuriko)  柴田亜季
松田龍平 (Ryuhei Matsuda)  帆村薫

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!