• 映画ナビ トップ
  • >
  • 『ケータイ刑事 THE MOVIE バベルの塔の秘密〜銭形姉妹への挑戦状』 作品詳細

映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ケータイ刑事 THE MOVIE バベルの塔の秘密〜銭形姉妹への挑戦状

テレビでお馴染みのスーパー・ティーン刑事が、姉妹揃って悪の陰謀に挑む!

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

警視総監の孫娘である泪、舞、零の銭形姉妹は、人並みはずれた知能を持ち、中高生にしてすでに警視正の肩書きを持つスーパー刑事。ある日、姉の銭形愛が、何者かに誘拐される事件が起こる。犯人の要求は、3姉妹がそれぞれ3つの事件を解決すること。3人の携帯電話に次々と事件勃発の連絡が入り、五代刑事や高村刑事も加わって、早速捜査に乗り出すが、そこには、犯人が仕掛けたトリックが待ち構えていた。



■解説

BSテレビ放送で人気を博したドラマ「ケータイ刑事」が、劇場版となった。銭形家の次女、泪に黒川芽以、三女の舞に堀北真希、四女の零に夏帆という、ドラマ版で活躍した3代のケータイ刑事がスクリーンに集合し、それぞれの得意分野を活かしながら、一代目ケータイ刑事である長女、銭形愛の救出に挑む。もちろん、助手役の五代刑事とバーボン刑事も登場。山下真司と草刈正雄がさむ〜いズッコケを披露してくれる。監督は、『発狂する唇』でカルトな人気を誇る佐々木浩久。テレビ版「ケータイ刑事 銭形零」ではチーフ監督を務めているだけあり、この世界の醍醐味はしっかりと押さえつつ、更なる笑いと興奮を生み出している。意外な出演者が顔を出すのも、ファンの心をくすぐる仕掛け。ヒロインたちの夢の共演を、大きなスクリーンで堪能したい。

  • 2006年2月4日 より 池袋シネマサンシャインほか全国にて順次公開

  • 配給:エム・エフボックス
  • 製作国:日本(2006)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 佐々木浩久 (ササキヒロヒサ)
製作 高西伸兒 (タカニシノブアキ) 鈴木径男 (スズキツネオ) 飴井保男 (アメイヤスオ)
プロデューサー 丹羽多聞アンドリウ (ニワタモンアンドリュウ)
共同プロデューサー 永田芳弘 (ナガタヨシヒロ) 畭尾裕俊
撮影 近江正彦 (オウミマサヒコ)
美術制作 桜井陽一 (サクライヨウイチ)
電飾 三沢靖明 (ミサワヤスアキ)
持道具 高橋なな代 (タカハシナナヨ)
音楽 遠藤浩二 (エンドウコウジ)
録音 奥泉秀信 (オクイズミヒデノブ)
照明 紺野淳一 (コンノジュンイチ)
編集 大永昌弘
衣裳 高橋京子 (タカハシキョウコ)
化粧 石黒智子 (イシグロトモコ) 桂木智子 (カツラギトモコ)
ライン編集 滝沢雄作 (タキザワユウサク)
カラリスト 宇津野裕行 (ウツノヒロユキ)
ラインプロデューサー 鈴木浩介 (Kosuke Suzuki)
助監督 佐伯竜一 (サエキリュウイチ)
VFXディレクター 古田亘 (フルタワタル)
VFX 諏訪部正英
コンポジット 染原官弘
整音 西岡正己 (ニシオカマサミ)
効果 小山秀雄 (コヤマヒデオ)
アシスタントプロデューサー 中尾美香子 (ナカオミカコ)
監督助手 宮崎紀彦 (ミヤザキノリヒコ) 小菅規照
ダンス指導 康本雅子 (ヤスモトマサコ) Q-TARO (キュータロウ)
美術プロデューサー 平野裟一
装飾 竹安正登 (タケヤスマサト) 酒井拓磨 (サカイタクマ)
大道具 大森俊也 (オオモリシュンヤ)

■キャスト

俳優名 役名
黒川芽以 (Kurokawa Mei)  銭形泪
堀北真希 (Maki Horikita)  銭形舞
夏帆 (Kaho)  銭形零
草刈正雄 (クサカリマサオ)  高村一平
山下真司 (Shinji Yamashita)  五代潤
金剛地武志 (コンゴウチタケシ)  柴田太郎
矢部美穂   渡邉睦月
半海一晃 (ハンカイイッコウ)  安藤尋
山中聡 (ヤマナカサトシ)  鈴木浩介
合田雅吏 (ゴウダマサシ)  遠藤浩二
水野晴郎 (ミズノハルオ)  そば屋の客
佐藤二朗 (Jiro Sato)  佐藤公安
宝積有香 (ホウシャクユカ)  中尾美香子
諏訪太郎 (スワタロウ)  諏訪太郎
小林麻耶 (コバヤシマヤ)  警視庁アナウンス部小林麻耶
田中要次 (Yoji Tanaka)  平野俊一
宍戸錠 (Jo Shishido)  難波副総監

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!