映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 眠狂四郎 女妖剣

眠狂四郎シリーズ四作目!

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

狂四郎はある朝浜町河岸に横たえられた、全裸の美女二人の死体を見た。鳥蔵と名乗る男はそれが、大奥の綾路と、お半下女中の美乃であると狂四郎に告げた。だがその烏蔵は隠れ切支丹の科で役人に捕えられた。この頃江戸では、豪商備前屋が、金力を武器に、老中水野忠成を抱き込み、大奥の女達に秘かに麻片を送っていた。浜町河岸の死体は、残忍な菊姫に麻薬責めにされ殺されたのだった。そして菊姫は鳥蔵の妹小鈴に、兄を救う手段と称して、牢内のバテレン、ヨハネス・セルディニイを誘惑させた。しかし、約束は守られず、鳥蔵は殺され、小鈴は自殺して果てた。狂四郎は、鳥蔵が死ぬ間際に、浜松へびるぜん志摩という狂四郎と血のつながる女がいると聞かされ、浜松へと旅立った。



■解説

柴田錬三郎の原作を「眠狂四郎円月斬り」の星川清司が脚色「座頭市あばれ凧」の池広一夫が監督した眠狂四郎シリーズ四作目。撮影もコンビの竹村康和。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1964)
    • ジャンル:
    • 任侠/時代劇

■スタッフ

監督 池広一夫 (イケヒロカズオ)
脚色 星川清司 (ホシカワセイジ)
原作 柴田錬三郎 (シバタレンザブロウ)
企画 財前定生
撮影 竹村康和 (タケムラヤスカズ)
美術 西岡善信 (ニシオカヨシノブ)
音楽 齋藤一郎 (Ichiro Saito)
録音 大角正夫 (オオスミマサオ)
照明 加藤博也 (カトウヒロヤ)
編集 谷口登司夫 (タニグチトシオ)
スチル 三浦康寛

■キャスト

俳優名 役名
市川雷蔵 (Raizo Ichikawa)  眠狂四郎
藤村志保 (Fujimura Shiho)  小鈴
久保菜穂子 (クボナオコ)  びるぜん志摩
根岸明美 (ネギシアケミ)  巫女青蛾
春川ますみ (Masumi Harukawa)  お仙
若山富三郎 (Tomisaburo Wakayama)  陳孫
小林勝彦 (コバヤシカツヒコ)  鳥蔵
中谷一郎 (Ichiro Nakaya)  武部光源
浜村純 (ハマムラジュン)  室屋醇堂
阿井美千子 (アイミチコ)  中ろう藤尾
毛利郁子 (モウリイクコ)  菊姫
稲葉義男 (イナバヨシオ)  備前屋徳右衛門
水原浩一 (ミズハラコウイチ)  利倉屋与兵衛
伊達三郎 (Saburo Date)  易者
浜田雄史   下曽我典馬
南条新太郎 (ナンジョウシンタロウ)  守田粂次
寺島雄作 (テラシマユウサク)  牢屋敷同心
杉山昌三九 (スギヤマショウサク)  小谷己之助
浅野進治郎 (Shinjiro Asano)  藤波大和
玉置一恵 (タマキカズエ)  水野忠成
沖時男 (オキトキオ)  守山行次郎
藤川準 (フジカワジュン)  寺男
木村玄   牢屋敷目付
西岡弘善 (ニシオカヒロヨシ)  手先きの男
森田健二 (モリタケンジ)  岡っ引
谷口和子 (タニグチカズコ)  中ろう綾路
高森チズ子 (タカモリチヅコ)  美乃
ビアガ・ラスモセン   狂四郎の父親
クー・バイチュク   ヨハネス・セルディニイ

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!