映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • にっぽん美女物語 女の中の女

生駒ひらめが帰ってきた!!シリーズ第二作!<BR>

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

東京は神楽坂の小料理屋“駒蝶”の女主人・生駒むつには四人の娘がいる。長女の鯛子、三女の鮎子、四女のさよりと美人ぞろいで、鯛子と鮎子は結婚し、さよりにもボーイ・フレンドがいっぱいいる。しかし、次女のひらめは、美人ではなく、行動は奔放、大酒は飲む、喧嘩はする、さらにオネショの癖が今だに直らない。勿論、男には全くもてない。ある夜、むつの夢枕に弘法大師が出て来て、代々魚の殺生をしてきたから、魚の怨霊がひらめにタタっているのだ、商売替えをせよ、と命じた。お告げを信じ込むむつは早速、周囲の猛反対を押し切って、一家に魚断ちを強要したために、むつの義兄の自然和尚が、母娘連れ立って四国八十八ヶ所のお遍路に発てと、怒った。ひらめは白装束の巡礼姿でイヤイヤながらむつとともに旅に発った。しかし、母親監視の上、ひどい節食を強いられたひらめは、琴平の町でお大師様のお告げがあったとむつを騙し、単独行動することにしたが。



■解説

“にっぽん美女物語”第二作目。お茶目な娘が四国遍路の旅に出たことから捲き起こす珍事件を描いた喜劇。脚本は「喜劇 女の泣きどころ」の下飯坂菊馬、監督は脚本も執筆している「ザ・ドリフターズの極楽はどこだ!!」の渡辺祐介、撮影は「はだしの青春」の小杉正雄がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1975)
    • ジャンル:
    • コメディ

■スタッフ

監督 渡辺祐介 (ワタナベユウスケ)
脚本 渡辺祐介 (ワタナベユウスケ) 下飯坂菊馬 (シモイイザカキクマ)
企画 田辺昭知 (タナベアキトモ)
製作 瀬島光雄 (セジマミツオ)
撮影 小杉正雄 (コスギマサオ)
美術 重田重盛 (シゲタシゲモリ)
音楽 青山八郎 (アオヤマハチロウ)
録音 鈴木功 (スズキイサオ)
照明 佐久間丈彦 (サクマタケヒコ)
編集 寺田昭光 (テラダアキミツ)
助監督 白木慶二 (シラキケイジ)
スチール 金田正 (カネダタダシ)

■キャスト

俳優名 役名
研ナオコ (ケンナオコ)  生駒ひらめ
沢村貞子 (サワムラサダコ)  生駒むつ
鳥居恵子 (トリイケイコ)  生駒鯛子
関谷益美 (セキヤマスミ)  生駒鮎子
秋谷陽子 (アキタニヨウコ)  生駒さより
秋野太作 (アキノタイサク)  純平
湯原昌幸 (ユハラマサユキ)  蛯沢虎造
前川清 (マエカワキヨシ)  鱶田勝男
五代目柳家小さん (Kosan Yanagiya)  自然和尚
佐野浅夫 (サノアサオ)  仁吉
三木のり平 (ミキノリヘイ)  銭村平次
田中邦衛 (Kunie Tanaka)  笹川助五郎
夏木マリ (ナツキマリ)  お雪
十勝花子 (トカチハナコ)  旅館の女将
ひろみどり   ユカリ
児島美ゆき (コジマミユキ)  鯉千代
鈴木ヒロミツ (スズキヒロミツ)  温泉の客
武智豊子 (Toyoko Takeche)  駕籠の女
藤村有弘 (Arihiro Fujimura)  温泉の中の父親

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!