映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 江戸っ子判官とふり袖小僧

片岡千恵蔵のいれずみ判官シリーズの一篇

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

御用の声に追われたふり袖小僧は、やっとのことで隠れ家に戻った。覆面をとると、可憐なおえんの姿になる。と、目明し藤兵衛に踏みこまれ、乾分の木鼠吉次、すばしりの虎を供に、江戸を逃げ出した。街道で三人は、賭場帰りらしいやくざを狙った。これが遠山の金さんだったので、三人はノサれた。宿についた彼らは、また藤兵衛に踏みこまれた。こともあろうに、金さんの部屋にもぐりこんでしまった。縛られて押入れに投げこまれた。この場を助けたのが、スリの後輩お銀である。ところが、お銀は金さんをふり袖小僧と思いこみ、藤兵衛に密告した。慌てた金さんとおえんは、思わず手をとり合って逃げ出した。富士見の島蔵に救われた。義賊ふり袖小僧と見こまれた金さんは、島蔵に土地のボス高利貸三河屋久六から借金の証文を奪ってくれと頼まれた。その晩、金さんとおえんは証文を奪って灰にした。表に出ると、十手に追われた黒覆面と衝突した。組みついたが、逃げられた。しかし、賊の右手にあるアザを見逃さなかった。−−おえんは、半年後の三月十五日に金さんと日本橋の上で会う約束をした。今日が約束の日だ…。



■解説

豊永寿人の原案から、『お染久松 そよ風日傘』のコンビ鷹沢和善が脚本を書き、沢島忠が監督した。撮影も同じく『お染久松 そよ風日傘』の伊藤武夫。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1959)
    • ジャンル:
    • 任侠/時代劇

■スタッフ

監督 沢島正継 (Tadashi Sawashima)
脚本 鷹沢和善
原案 豊永寿人 (トヨナガヒサト)
企画 玉木潤一郎 (タマキジュンイチロウ)
撮影 伊藤武夫 (イトウタケオ)
美術 吉村晟 (ヨシムラアキラ)
音楽 高橋半 (タカハシナカバ)
録音 石原貞光 (イシハラサダミツ)
照明 田中憲次 (タナカケンジ)
編集 宮本信太郎 (ミヤモトシンタロウ)

■キャスト

俳優名 役名
片岡千恵蔵 (カタオカチエゾウ)  遠山金四郎
片岡栄二郎 (Eijiro Kataoka)  木鼠吉次
花房錦一 (ハナブサキンイチ)  すばしりの虎
沢村宗之助 (サワムラソウノスケ)  四谷の藤兵衛
疋田圀男   三吉
喜多川千鶴 (キタガワチヅル)  お銀
島田秀雄 (シマダヒデオ)  亀吉
月形龍之介 (ツキガタリュウノスケ)  富士見の島蔵
武田正憲 (タケダマサノリ)  府中の仙太
月笛好子   真理勇
阿部九洲男 (アベクスオ)  三河屋久六
加賀邦男 (カガクニオ)  儀造
尾形伸之介 (オガタシンノスケ)  紋十
青柳竜太郎 (Ryutaro Aoyagi)  勘八
雪代敬子 (ユキシロケイコ)  小糸
花園ひろみ (ハナゾノヒロミ)  しのぶ
一条由美 (イチジョウユミ) 
佐々木松之丞 (ササキマツノジョウ)  裏方
瀬川路三郎 (セガワミチサブロウ)  平助
中村幸吉 (ナカムラコウキチ)  役人
島ひろし (シマヒロシ)  清太郎
ミス・ワカサ   お夏
田中春男 (タナカハルオ)  亀屋東西
中村時之介 (ナカムラトキノスケ)  雲右衛門
尾上華丈 (Kajyo Onoe)  音羽の甚右衛門
遠山恭二 (トオヤマキョウジ)  牢役人
小田真士 (オダシンジ)  笠屋
上田吉二郎 (ウエダキチジロウ)  箱根の山賊頭
加藤浩 (カトウヒロシ)  箱根の山賊一
徳大寺伸 (トクダイジシン)  箱根の山賊二
小田部通麿 (オタベミチマロ)  箱根の山賊三
浜恵子 (ハマケイコ)  小田原屋の女中
源八郎   八卦見
東日出雄 (アズマヒデオ)  うどん屋の客男
赤木春恵 (アカギハルエ)  うどん屋の客女
明石潮 (アカシウシオ)  箱根の関所役人
美空ひばり (Misora Hibari)  振袖小僧おえん

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!