映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 友よ、静かに瞑れ

原作は北方謙三の同名小説

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

沖縄の小さな港町・多満里。一人の男がホテル“フリーイン”に車を止めた。40歳前後の一見うらぶれた感じのする男・新藤。彼は旧友・坂口がこの町の再開発を企てている下山建設の社長に刃物で襲いかかって逮捕された、という新聞記事を読んで、はるばるやって来たのだった。フリーインはその坂口が経営するホテルで、彼は下山建設の大規模な買収に応じず、執拗ないやがらせや脅迫にも屈しなかった。その坂口を逮捕したのは下山建設と癒着している徳田刑事だ。新藤は坂口の一人息子・竜太と連れだって、坂口にレモンを差し入れた。フリーインは、フロント係・小宮が坂口の留守をあずかり、それに町のクラブ“KENDO”を経営する坂口の愛人・志摩とそこで働く時枝、静子、留美、冴子が住みついていた。新藤は事件の真相を探るべく単独で動きだした。まず下山建設の開発部長・高畠にジャブを入れる。しかし、ボクサーくずれの高畠は動じる様子もない。次に徳田刑事。小心な徳田は下山建設との癒着を指摘されると、動揺しながらも権力をカサに着て逆に新藤や志摩たちを脅す。事件の真相が分かったが…。



■解説

罠にはまって留置所に入れられた友人を救出すべく行動する男を描いたハードボイルド映画。原作は北方謙三の同名小説、脚本は「ユー・ガッタ・チャンス」の丸山昇一、監督は「いつか誰かが殺される」の崔洋一、撮影は「生きてるうちが花なのよ死んだらそれまでよ党宣言」の浜田毅がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1985)
    • ジャンル:
    • アクション

■スタッフ

監督 崔洋一 (Yoichi Sai)
脚本 丸山昇一 (マルヤマショウイチ)
原作 北方謙三 (キタカタケンゾウ)
製作 角川春樹 (Haruki Kadokawa)
プロデューサー 黒澤満 (クロサワミツル) 紫垣達郎
撮影 浜田毅 (ハマダタケシ)
美術 小川富美夫 (Fumio Ogawa)
音楽 梅林茂 (Shigeru Umebayashi)
録音 北村峰晴 (キタムラミネハル)
照明 井上幸男 (イノウエ)
編集 鈴木晄 (スズキアキラ)
助監督 成田裕介 (ナリタユウスケ)
スチール 加藤輝男

■キャスト

俳優名 役名
藤竜也 (Tatsuya Fuji)  新藤剛
倍賞美津子 (Baisho Mitsuko)  赤井志摩
原田芳雄 (Yoshio Harada)  高畠治郎
室田日出男 (ムロタヒデオ)  徳田乙松
高柳良一 (タカヤナギリョウイチ)  小宮豊
六浦誠   坂口竜太
宮下順子 (Miyashita Junko)  小坂時枝
中村れい子 (Reiko Nakamura)  今村静子
伊藤麻耶 (イトウマヤ)  桃原留美
JILL   柴村冴子
福田妙子 (フクダタエコ)  相川カナ
草薙幸二郎 (クサナギコウジロウ)  亀井順一
常田富士男 (トキタフジオ)  石森健
椎谷建治 (シイヤケンジ)  上原吉徳
飯島大介 (イイジマダイスケ)  安里秀行
中西良太 (Ryota Nakanishi)  石井仙一
清水昭博 (Akihiro Shimizu)  古賀三郎
佐藤慶 (Kei Sato)  下山大志
林隆三 (Ryuzo Hayashi)  坂口隆一

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!