映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 着流し百人

新シリーズ“着流しヤクザ”第一作目

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

大正中期・上州前橋。旅修業中の渡世人山田角太郎は前橋監獄前にさしかかった時、出所したばかりの老ヤクザ南部鉄五郎を三人の刺客の手から助けた。ぜん息持ちの鉄五郎の身を案じた角太郎は金沢まで同行する。ある温泉で角太郎は、旅の渡世人米吉と、女刺青師・乱れ菊のお半と知り合った。その夜、ふたたび刺客が鉄太郎を襲った。そしてその刺客は金沢の金時親分がさし向けたものであったことが判明した。十三年前、当時旅中の鉄五郎は、代貸であった金時が跡目ほしさから親分を闇討ちしたのを目撃した。そして二年後、それとも知らず金時一家に草鞋を脱ぎ、親分殺しを知られている金時は一宿一飯の義理をたてに対立する夕立一家の親分殺しを鉄五郎に命じた。鉄五郎は夕立親分を殺し義理を果たしたが、夕立親分の八歳の娘のあどけなさが眼に焼き付いて離れなかった。鉄五郎の金沢入りは成長したその娘に、父の仇であることを名乗り出るためだったのである。



■解説

北陸金沢を舞台に個性豊かな博徒群像を軽快なタッチで捉える。脚本は松浦健郎、監督は「極道罷り通る」の小沢茂弘、撮影も同作の吉田貞次がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1972)
    • ジャンル:
    • 任侠/時代劇

■スタッフ

監督 小沢茂弘 (オザワシゲヒロ)
脚本 松浦健郎
企画 俊藤浩滋 (Koji Shundo) 橋本慶一
撮影 吉田貞次 (ヨシダサダジ)
美術 鈴木孝俊 (スズキタカトシ)
音楽 広瀬健次郎 (Kenjiro Hirose)
録音 渡部芳丈
照明 増田悦章 (マスダヨシアキ)
編集 宮本信太郎 (ミヤモトシンタロウ)
助監督 篠塚正秀 (シノヅカマサヒデ)
スチール 藤本武 (フジモトタケシ)

■キャスト

俳優名 役名
鶴田浩二 (Koji Tsuruta)  山田角太郎
森秋子 (モリアキコ)  乱れ菊のお半
水島道太郎 (ミズシマミチタロウ)  南部鉄五郎
川地民夫 (カワチタミオ)  桜井銀次郎
南利明 (ミナミトシアキ)  林米吉
北島三郎 (キタジマサブロウ)  大石勘次
若山富三郎 (Tomisaburo Wakayama)  破戒坊の好五郎
丹波哲郎 (Tetsuro Tanba)  大田原政治
中村錦司 (ナカムラキンジ)  夕立親分
遠藤辰雄 (エンドウタツオ)  金時親分
汐路章 (Akira Shioji)  辰吉
小島恵子 (コジマケイコ)  お澄
女屋実和子 (オナヤミワコ)  お芳
若山ゆかり (ワカヤマユカリ)  女中
岡島艶子 (オカジマツヤコ)  婆さん
丸平峰子 (マルヒラミネコ丸平峯子)  百姓女
岡田千代 (オカダチヨ)  お新
有川正治 (アリカワマサハル)  刺客
高並功   刺客
秋山勝俊 (アキヤマカツトシ)  刺客
林彰太郎 (ハヤシショウタロウ)  刺客
村居京之輔   吊橋の親分
国一太郎 (クニイチタロウ)  金時の乾分
平沢彰 (ヒラサワアキラ)  金時の乾分
白川浩二郎   金時の乾分
疋田泰盛   万作
北村英三 (キタムラエイゾウ)  医者

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!