映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ランド・オブ・プレンティ

神様、ありがとう。わたしをアメリカに返してくれて。

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

アフリカ、イスラエルで育ったラナは10年ぶりにアメリカに帰ってきた。彼女は心の中で叫んでいた。「神様、アメリカに返してくれて感謝します」。ラナは、亡き母から、伯父のポールに手紙を渡すよう託されていたのだった。しかし、ロサンゼルスに降り立ち、飢えで苦しむホームレスの人々を見ると、ラナはホームレスの支援活動を始める。父が宣教師であるラナは、ダウンタウンの伝道所に住み、ボランティアをしながら、一方で、ポールを探した。ポールは、母国警備員と偽り、友達や家族と連絡を絶っていたのだった。



■解説

9.11の日、あなたはどこで何をしていましたか?本作は、9.11事件とその報道で、自国の政府について衝撃を受けた「アメリカ人」の物語である。監督は、『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』で社会現象を巻き起こし、以降も次々と傑作を世に贈り出している名匠ヴィム・ヴェンダース。優しいまなざしの中にも、痛烈なメッセージ性を込めた本作は、04年ヴェネチア国際映画祭でユネスコ賞を受賞。『パリ・テキサス』以来の傑作と絶賛されている。ラナを演じるのは『ドーソンズ・クリーク』でブレイクしたミシェル・ウイリアムズ。脚本の段階から彼女をイメージしていたというだけあって、強くて愛情深いラナを見事に演じきっている。

  • 2005年10月22日 より シネカノン有楽町ほか全国にて順次公開

  • 配給:アスミック・エース エンタテインメント
  • 製作国:アメリカ=ドイツ(2004)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 ヴィム・ヴェンダース (Wim Wenders)
脚本 ヴィム・ヴェンダース (Wim Wenders) マイケル・メレディス (Michael Meredith)
製作総指揮 ピーター・シュウォーツコフ (Peter Schwartzkopff) ジョナサン・シェアリング (Jonathan Sehring) カロリーヌ・カプラン (Caroline Kaplan) ジョン・スロス (John Sloss)
製作 ゲイリー・ウィニック (Gary Winick) ジェイク・エイブラハム (Jake Abraham)
撮影 フランツ・ラスティグ (Franz Lustig)
美術 ネイサン・アマンドソン (Nathan Amondson)
音楽 トム&ナクト (Thom&Nackt)
音楽監修 リンダ・コーエン (Linda Cohen)
編集 モーリッツ・ロービ (Moritz Laube)
その他 スコット・デリクソン (Scott Derrickson) アレックス・スティヤーマーク (Arex Steyermark)

■キャスト

俳優名 役名
ミシェル・ウィリアムズ (Michelle Williams)  Lana
ジョン・ディール (John Diehl)  Paul
ショーン・トーブ (Shaun Toub)  Hassan
ウェンデル・ピアース (Wendell Pierce)  Henry
リチャード・エドソン (Richard Edson)  Jimmy
バート・ヤング (Burt Young)  Sherman
ユーリ・Z・エルヴィン (Yuri Elvin)  Officer Elvin
ジェリス・リー・ポインデクスター (Jeris Lee Poindexter)  Charles
ロンダ・スタビンス・ホワイト (Rhonda Stubbins White)  Dee Dee
ヴィクトリア・トーマス (Victoria Thomas)  A Jornalist

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!