映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 少林キョンシー

少林寺の達人ゴードン・リューがキョンシーばかりか、ゾンビ、墓から甦った大魔王と迫真のバトルを繰り広げるカンフー・ホラー!

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

清代の中国、迷える霊を成仏させようとキョンシーたちと旅を続ける男たちがいた。白道士とその弟子の白日と白天の3人だ。別な土地で死んだ者を故郷に連れ帰り、成仏させるのが彼らの使命だった。その道中、ゾンビの群れに襲われた三人の前に、かつて白道士の兄弟子だった黒道士とその女弟子の黒月が現れ、死霊たちの魂を抜き取って消滅させていく。白道士と黒道士はかつて同じ門下の一員だったが、白道士が一門の後継者になったことや霊に対する考え方の違いもあり、現在は不和の仲になっていた。一方、ある村では無気味な事件が起きていた…。



■解説

主演は『キル・ビル』のゴードン・リュウ。昔からの映画ファンには、カンフー映画全盛時のヒット作『少林寺三十六房』のリュウ・チャーフィといった方がしっくりくるだろう。本作は『霊幻道士』『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』といった、かつて時代を築いた香港映画のテイストにあふれている(というかそのままといってもいい)。法術を使うのにいちいち時代錯誤的なオーバーアクションをするのも、今の目で見ると逆に新鮮に映るかも。ただし「カッコいい」ではなく、コミカルなものとしてだが。魔物が登場するホラーといっても「恐さ」はほとんどなく、主体はむしろコミカルなカンフー・アクションだ。それでも宇宙的スケールに話が広がる荒唐無稽さは、やはり香港の専売特許。日本では本国公開版よりも28分長い、オリジナル完全版で劇場公開されるのも魅力だ。早くも「パート2」の製作開始も決定したという。

  • 2005年11月12日 より シネセゾン渋谷(レイト)にて

  • 配給:トルネード・フィルム
  • 製作国:香港(2004)
    • ジャンル:
    • アクション
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 ダグラス・クン (Douglas Kung)
脚本 ホー・ユーワン (Ho Yiu-Wang)
製作総指揮 シャーロン・ヤン・パンパン (Sharon Yang Pan Pan)
製作 ジェレミー・K.P.チャン (Jeremy K. P. Cheung)
撮影 クワン・チーカン (Kwan Chi-kan)
美術 クリス・リョン (Christ Leung)
音楽 ブラザー・フン (Brother Hung)
照明 アラン・チョウ (Alan Chow)
編集 グラン・イップ (Grand Yip)
衣装デザイン クォック・ライライ (Kwok Lai Lai)

■キャスト

俳優名 役名
リュー・チャーフィー (Gordon Liu Chia-hui)  Pak
ルイス・ファン (Louis Fan Siu-Wong)  Hak/Black
ジャッキー・ウー (Jacky Woo)  白日
シャノン・ヨー (Shannon Yoh)  黒月
キット・チャン (Kit Cheung) 
シー・シャオフー (Shi Xio-hu)  白天

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!