映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ロード・オブ・ドッグタウン

70年代、スケートボードに革新をもたらした“Z−BOYS”の3人。実話を元にその友情と別れを描いた青春ムービー!

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

1975年、カリフォルニアのヴェニス・ビーチでサーフボードを持って海へくり出す3人の若者がいた。ステイシー・ペラルタ、ジェイ・アダムズ、トニー・アルヴァの3人だ。彼らの憧れはサーフ・ショップ「ゼファー」を経営するスキップとその仲間たちのようになること。3人はストリートでスケート・ボードを操り、腕を磨いていく。やがてスキップは店に集まる若者たちを集めて、スケートチーム“Z−BOYS”を結成。競技大会でたちまち注目を集める。しかし成功と共に3人の進む道は分かれていった。



■解説

今やすっかりおなじみのスケートボードの「バート・スタイル(垂直に飛び上がる)」は、70年代のカリフォルニアの水のないプールで彼らによって始まった。この映画は当時のカリフォルニアに起こったそのムーヴメントを、スケートボード・チーム“Z−BOYS”の3人を中心にして描いた作品だ。脚本もその3人のうちの1人であるステイシー・ペラルタが手がけている。とはいえこの映画はスケボーファンだけのものではない。スピード感溢れるスケートボード・シーンも魅力的だが、現在の状況から抜け出そうという若者たちの青春物語でもあるからだ。ラップに興味がなくとも『8Mile』に共感できるように、スケボーに興味のない人でも共感を得ることができる作品だ。“Z−BOYS”を演じるのは、『エレファント』でも印象的だったジョン・ロビンソンをはじめとする注目株の若手俳優たち。また、劇中に流れる、ブラック・サバス、スウィート、ディープ・パープル、T・レックスといった70年代ミュージックも作品に彩りを添えている。

  • 2005年12月10日 より シネマライズほか全国にて

  • 配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
  • 製作国:アメリカ=ドイツ(2005)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 キャサリン・ハードウィック (Catherine Hardwicke)
脚本 ステイシー・ペラルタ (Stacy Peralta)
エグゼクティブプロデューサー デヴィッド・フィンチャー (David Fincher) アート・リンソン (Art Linson) ジョー・ドレイク (Joe Drake)
製作 ジョン・リンソン (John Linson)
撮影 エリオット・デイヴィス (Elliot Davis)
美術 Chris Gorak (Chris Gorak)
音楽 マーク・マザースボー (Mark Mothersbaugh)
音楽監修 リサ・リチャードソン (Lisa Richardson)
編集 ナンシー・リチャードソン (Nancy Richardson)
衣装デザイン シンディ・エヴァンス (Cindy Evans)

■キャスト

俳優名 役名
エミール・ハーシュ (Emile Hirsch)  Jay
ジョン・ロビンソン (John Robinson)  Stacy
ヴィクター・ラサック (Victor Rasuk)  Tony
マイケル・アンガラノ (Michael Angarano)  Sid
ニッキー・リード (Nikki Reed)  Kathy Alva
ヒース・レジャー (Heath Ledger)  Skip
レベッカ・デモーネイ (Rebecca DeMornay)  Philaine
ジョニー・ノックスヴィル (Johnny Knoxville)  Topper Burks
ジム・レッドドッグ・ムイール (Jim `Red Dog' Muir)  Security Guard
ボブ・ビニアック (Bob Biniak)  Restaurant Manager
ジェイ・アダムズ (Jay Adams)  Party Guest
トニー・アルヴァ (Tony Alva)  Oregon Man at Party
スキップ・イングロム (Skip Engblom)  Seattle Race Starter
ステイシー・ペラルタ (Stacy Peralta)  TV Director
トニー・ホーク (Tony Hawk)  Astronaut

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!