映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 東京ゾンビ

黒富士ゾンビに占領された東京では、生死を賭けたバトル・ゲームが行なわれていた! 浅野×哀川の共演による異色のアクション・ムービー

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

東京の片隅にある消化器工場で働くアフロヘアーのフジオとハゲのミツオ。毎日、柔術の練習に明け暮れる2人は、年齢の差を超えた不思議な友情で結ばれていた。一方、粗大ゴミ、産業廃棄物、さらに不要になった“人間”まで捨てて埋められているゴミ山“黒富士”から、ゾンビが大量発生。東京を襲い、首都は壊滅状態になる。5年後、ゾンビが徘徊する東京では、生き残った金持ちたちが娯楽のために人間とゾンビを闘わせる「ゾンビ・ファイト」を行なっていた。その中にファイターとして闘うフジオの姿があった。



■解説

原作は花くまゆうさくのカルト・マンガ。そのユルい画風で描かれるアフロとハゲのキャラクターは、どこかで見た人もいるだろう。それを『殺し屋1』『極道恐怖劇場 牛頭』の異色の脚本家である佐藤佐吉が脚本化し、さらには初長篇監督作品として演出も担当している。主演はアフロのカツラを被った浅野、ハゲのカツラを被った哀川。この2人の共演が見られるだけでも、劇場に足を運ぶ価値はあるはずだ。カツラのせいか、浅野と哀川がフジオとミツオという超マイペースの2人のキャラクターになりきり、マンガ的ないい演技を見せている。そしてゾンビとくれば、期待するなという方が無理だろう。願わくばこの映画がヒットして『東京ゾンビ2』が作られて欲しい。

  • 2005年12月10日 より シネセゾン渋谷ほか全国にて順次公開

  • 配給:東芝エンタテインメント
  • 製作国:日本(2005)
    • ジャンル:
    • アクション
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 佐藤佐吉 (Sakichi Sato)
脚本 佐藤佐吉 (Sakichi Sato)
原作 花くまゆうさく (ハナクマユウサク)
プロデューサー 豊嶋勇作 (トヨシマユウサク) 梅川治男 (ウメカワハルオ)
撮影 石井勲 (イシイイサオ)
美術 稲垣尚夫 (イナガキヒサオ)
音楽 二見裕志 (Hiroshi Futami) RAAZK UINTED
録音 横野一氏工 (ヨコノカズシコ)
音響効果 柴崎憲治 (シバザキケンジ)
照明 丸山文雄 (マルヤマフミオ)
編集 島村泰司 (シマムラ)
その他 ホームシックス (THE HOMESICKS) 土井淳 (ドイジュン) 北村道子 (キタムラミチコ)

■キャスト

俳優名 役名
浅野忠信 (Tadanobu Asano)  フジオ
哀川翔 (Sho Aikawa)  ミツオ
奥田恵梨華 (オクダエリカ)  ヨウコ
古田新太 (Arata Furuta)  石原
松岡日菜 (マツオカヒナ)  フミヨ
中村靖日 (Yasuhi Nakamura)  ヨッチャン
曽根晴美 (ソネハルミ)  マーさん
高樹マリア (タカギマリア)  ヨッチャンの嫁
谷村美月 (Tanimura Mitsuki)  ユカリン
楳図かずお (ウメズカズオ)  秋山先生/王子
森下能幸 (Yoshiyuki Morishita)  吸血ゾンビ
橋本さとし (Satoshi Hashimoto)  ドンガイラ
三浦誠己 (ミウラマサキ)  マーさん軍団

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!