映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 土佐の一本釣り

カツオ漁船に乗った若者と、その恋人を南国・土佐を舞台に描く

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

高知県土佐清水の近くにあるカツオ漁港の漁村久礼。カツオ船、第一福丸が大漁旗を掲げ入港している。下船する船員の中に純平の顔が見える。今年三月、中学を卒業するとすぐにカツオ船に乗り込んだ。最初は船酔いで苦しんだが、今はすっかり海の生活に慣れている。船をおりた男たちは、酒と女に明け暮れる。純平は二つ年上の恋人、八千代に「仲間と女を買ってくるから」と告げた。ツッパッているのだ。その夜、高知のバーで酒を呑む純平、勝、熊、政たち。女たちと部屋に消えていく仲間。純平はタオルで目隠しをして「八千代……」と呟きながら女に乗っていた。店を出た純平は八千代の家の前に行くと、屋根に小石を投げた。窓を開けた八千代は純平を見つけると、窓を閉めてしまった。



■解説

中学を卒業すると、海に生きる漁師に憧れ、カツオ船に乗った若者と、二歳年上の恋人を中心に土佐の人々の生きる姿を描く。「ビッグコミック」に連載中の青柳裕介の人気漫画を映画化したもので、脚本は「神様のくれた赤ん坊」の前田陽一と松原信吾の共同執筆、監督も同作の前田陽一、撮影は「サッちゃんの四角い空」の長沼六男がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1980)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 前田陽一 (Yoichi Maeda)
脚本 前田陽一 (Yoichi Maeda) 松原信吾 (マツバラシンゴ)
原作 青柳裕介 (アオヤギユウスケ)
製作 沢村国男 (サワムラクニオ) 金田晴夫 (カネダハルオ)
制作補 佐藤正
撮影 長沼六男 (ナガヌマムツオ)
美術 重田重盛 (シゲタシゲモリ)
音楽 川辺真
録音 小林英男 (コバヤシヒデオ) 小尾幸魚 (オビサチオ)
照明 佐久間丈彦 (サクマタケヒコ)
編集 太田和夫 (オオタカズオ)
助監督 伊藤聚 (イトウ)
スチール 金田正 (カネダタダシ)

■キャスト

俳優名 役名
田中好子 (Yoshiko Tanaka)  八千代
加藤純平 (カトウジュンペイ)  純平
加藤武 (Takeshi Kato)  千代亀
樹木希林 (Kiki Kirin)  ふき
川口敦子 (カワグチアツコ)  多江
宍戸錠 (Jo Shishido)  船頭・柴田
蟹江敬三 (Keizo Kanie)  三番口・勝
増田再起   船乗り・又三
阿藤快 (アトウカイ) 
粟津號 (アワヅゴウ) 
小林英明 (コバヤシヒデアキ) 
山本幸栄 (ヤマモトコウエイ)  機関長
横山あきお (ヨコヤマアキオ)  コック長
渡辺紀行 (ワタナベトシユキ)  局長
山口美也子 (ヤマグチミヤコ)  三津子
亜湖 (アコ)  丸子
岡本信人 (オカモトノブト)  大山
山谷初男 (ヤマヤハツオ)  巡査
成田三樹夫 (ナリタミキオ)  代貸
志賀勝 (シガマサル)  石松
小林トシ江 (コバヤシトシエ)  キミ江
川島昭代司   黒メガネの男
服部善郎   釣り名人

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!