映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ザ・ゴキブリ

“ゴキブリ刑事”シリーズ二作目。

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ゴキブリ刑事こと鳴神涼は転任先に向う途中、友人である元刑事の山岡が、仙台刑務所から出所するため迎えに行った。二人が刑務所から出た時、十文字会の殺し屋に襲われた。危機を脱した鳴神は山岡を元吉田組々長に預け、自分はコンビナート臨海工業地帯の街に着任した。新任地にも、公害企業とつるんで甘い汁を吸うゴキブリどもがウヨウヨいる。ここを支配しているのは十文字会の黒田、市政審議会々長の大山、公害企業の志村、そして右翼の大物・児島たちである。ある日、公害センターが発表する汚染数値と化学工場の実例値を比較対称した極秘データーが、香川研究員によって持ち出された。あわてた志村は、香川を見付け出し殺害するが、データーは出てこなかった。すでに鳴神の手に入っていたのだ。黒田は以前、山岡に片腕を切り落された仕返しを狙っていたのいだ…。



■解説

ゴキブリ(暴力団)狩りを自認する刑事の片破りな捜査を描くアクション映画。新岡勲原作の同名劇画の映画化。脚本は「ゴキブリ刑事」の剣持亘、監督は脚本も執筆している同作の小谷承靖、撮影も同作の金宇満司がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1973)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 小谷承靖 (Tsugunobu Kotani)
脚本 剣持亘 小谷承靖 (Tsugunobu Kotani)
原作 新岡勲
製作 石原裕次郎 (Yujiro Ishihara) 奥田喜久丸 (オクダキクマル) 小林正彦 (コバヤシマサヒコ)
撮影 金宇満司 (カナウミツジ)
美術 小林正義 (コバヤシマサヨシ)
音楽 渡辺岳夫 (ワタナベタケオ)
録音 佐藤泰博 (サトウ)
照明 椎葉昇
編集 渡辺士郎 (ワタナベシロウ)
助監督 市毛克巳 (イチゲカツミ)
スチル 蒔田研一

■キャスト

俳優名 役名
渡哲也 (Tetsuya Watari)  鳴神涼
伊沢一郎 (イザワイチロウ伊澤一郎)  中野
向井淳一郎 (ムカイジュンイチロウ)  山口
青木義朗 (アオキヨシロウ)  伊東
沖雅也 (オキマサヤ)  橋本
梢ひとみ (コズエヒトミ)  石内昭子
安部徹 (Tooru Abe)  黒田剛
荒木保夫 (アラキヤスオ)  河井
苅谷俊介 (Shunsuke Kariya)  中川
中平哲仟 (ナカヒラテッセン)  池上
庄司三郎 (ショウジサブロウ)  鉄砲安
浅野謙二郎 (アサノケンジロウ)  チンピラ政
峰岸徹 (ミネギシトオル)  山岡正志
本田みちこ (ホンダミチコ)  宮川信代
高品格 (タカシナカク)  吉田
河津清三郎 (カワヅセイザブロウ)  大山
丹波哲郎 (Tetsuro Tanba)  児島
南原宏治 (ナンバラコウジ)  志村
武藤章生 (ムトウショウセイ)  人事課長
今井厚子 (イマイアツコ)  みどり
加村赳夫 (カムラ)  香川一郎
毛利幸子   香川光江
本島一宏   香川賢一
弘松三郎 (ヒロマツサブロウ)  神田教授
トビー門口 (トビーカドグチ)  殺し屋
広瀬正一 (ヒロセショウイチ)  警官

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!