映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 女は男の未来だ

  • R-15

ホン・サンス監督が描く、情けなくも愛らしい3人の男女の恋愛模様

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

大学で美術を教えるムノは、学生時代の先輩で、アメリカ帰りの映画監督ホンジュンと久々に再会した。酒を飲みながら思い出話をするふたり。やがて話題は、7年前にふたりが付き合った女、ソナのことになる。恋人だったソナを置いて、ひとりアメリカ留学したホンジュン。ホンジュンの不在をいいことに、ソナにアプローチしたムノ。過去を振り返るうち、ホンジュンはムノに、ホテルのバーで働いているソナに会いに行こうと持ちかける…。



■解説

国際的な評価を受け、特にヨーロッパでは人気の高いホン・サンス監督。その新作は、人類普遍の謎である男女の恋愛生態を取り上げた、可笑しな物語だ。今回も、前作『気まぐれな唇』と同様、俳優たちとの話の中からシナリオを作り上げ、妙に生々しい男女のドラマに仕上がっている。中心となる男性ふたりを演じているのは、注目の若手、ユ・ジテと、『JSA』で鮮烈な演技を見せたキム・テウ。どこか頼りなくて、ユル〜い感じの小太り中年男性を演じるのは、特に人気上昇中の若手、ユ・ジテにとっては挑戦だったであろう。中華料理店で、とりとめのない会話を交わすふたりの絶妙な間は、思わず笑いを誘う。ヒロイン、ソナを演じているのは『スカーレット・レター』のソン・ヒョナ。清純な顔を見せたかと思えば、次の瞬間はしたたかさを見せる、女の可愛さ狡さを巧妙に演じわけ、存在感を放っている。

  • 2005年10月29日 より 新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開

  • 配給:ビターズ・エンド
  • 製作国:韓国=フランス(2004)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 ホン・サンス (Hong Sang-soo)
脚本 ホン・サンス (Hong Sang-soo)
製作 マラン・カルミッツ (Marin Karmitz) チェ・ソンミン (Choi Seong-min) アン・ビョンジュ (Ahn Byung-joo)
プロデューサー イ・ハンナ (Lee Han-na)
撮影 キム・ヒョング (Kim Hyung-Gu)
音楽 チョン・ヨンジン (Jeong Yong-jin)
照明 イ・ガンサン (Yi Kang-sang)
編集 ハム・ソンウォン (Ham Sung-won)
その他 ピエール・リシャン (Pierre Rissent)

■キャスト

俳優名 役名
ユ・ジテ (Yu Ji-Thae)  Lee Mun-ho
キム・テウ (Kim Tae-woo)  Kim Hyeon-gon
ソン・ヒョナ (Seong Hyeon-a)  Park Seon-hwa

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!