映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 安藤昇のわが逃亡とSEXの記録

やくざの逃亡とSEXの34日間

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

昭和33年6月11日、午後2時。安藤興業社長安藤昇は、債券取り立ての依頼を受けて、銀座の極東船舶社長早川哲司を訪ねた。しかし、早川は「やくざの出る幕じゃない」と安藤を追い帰した。安藤は事務所に帰ると、幹部を召集して、早川襲撃を命じた。同日午後7時。早川の事務所に安藤組組員船橋一也が忍び込んだ。船橋は早川を確認して、肩をめがけて銃弾を発射した。一方、安藤はアリバイ工作のために、その頃東京駅発大阪行特急こだまに乗り込んでいた。同日午後11時。熱海・菊井旅館の一室で、安藤は行きずりのバーのマダムと刹那的なセックスに陶酔した。何かに取り憑かれたような兇暴さで女を攻めたてる安藤。エクスタシーに達する女。その時、ノックの音がして、古山と進藤が早川襲撃成功の知らせを運んで来た。翌日、安藤は古山・進藤を連れて小田急下北沢ヘ向うが。



■解説

昭和33年、安藤組最大の襲撃事件における安藤昇の逃亡34日間の性生活を実録タッチで描く。脚本は高田純、監督は「江戸川乱歩猟奇館 屋根裏の散歩者」の田中登が「神戸国際ギャング」に続いて東映で演出する。撮影は「キンキンのルンペン大将」の花沢鎮男がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1976)
    • ジャンル:
    • 任侠/時代劇

■スタッフ

監督 田中登 (タナカノボル)
脚本 高田純 (Jun Takada)
企画 太田浩児 吉田達 (ヨシダトオル)
撮影 花沢鎮男
美術 北川弘 (キタガワヒロシ)
音楽 泉谷しげる (Shigeru Izumiya)
録音 広上益弘
照明 梅谷茂
編集 戸田健夫 (トダタケオ)
製作進行 東一盛 (アズマ)
助監督 福湯通夫
スチール 加藤光男 (カトウミツオ)

■キャスト

俳優名 役名
安藤昇 (アンドウノボル)  安藤昇
石橋蓮司 (Renji Ishibashi)  古山広
内田勝正 (ウチダカツマサ)  進藤英夫
蟹江敬三 (Keizo Kanie)  船橋一也
中田博久 (ナカタヒロヒサ)  星野恵造
滝波錦司   河原邦彦
花田達   保田新二
絵沢萠子 (エザワモエコ)  バーマダム
萩野まゆみ (ハギノマユミ)  山辺泰子
中島葵 (ナカジマアオイ)  山岸旗江
ひろみ麻耶 (ヒロミマヤ)  田代文子
小杉じゅん (コスギジュン)  葉山の有閑マダム
牧れいか (マキレイカ)  甲府ドヤ街の女
飯田紅子 (イイダベニコ)  札幌の売春婦
小池朝雄 (Asao Koike)  田所有二
近藤宏 (コンドウヒロシ)  早川哲司
岡久子 (オカヒサコ)  極東船舶秘書
小松方正 (コマツホウセイ)  森裕彦
山本緑 (ヤマモトミドリ)  高畑スエ
藤山浩二 (フジヤマコウジ)  代貸
山田光一 (ヤマダコウイチ)  警官
佐川二郎 (サガワジロウ)  消防署員A
泉福之助 (イズミフクノスケ)  消防署員B
亀山達也 (カメヤマタツヤ)  安藤組組員A
宮地謙吾 (ミヤジ)  安藤組組員B
高月忠 (タカツキチュウ)  安藤組組員C
畑中猛重 (ハタナカタケシゲ)  安藤組組員D
三重街恒二 (ミエマチコウジ)  三国人葵
佐藤晟也 (サトウセイヤ)  中盆
木村修 (キムラオサム)  アナウンサー

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!