映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • NOTHING

『CUBE』、『カンパニー・マン』のヴィンチェンゾ・ナタリ監督。最新作の舞台は…“何もない世界”!?

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

デイブとアンドリューは9歳からの親友同士。社会にうまく順応できない二人は、互いの欠点を補いながらトロントで共同生活を送っていた。しかしそんなある日、理不尽な不幸がそれぞれに襲いかかる。それだけで十分パニックなのに、住み慣れた家からも追い出されそうになった瞬間、家の中にいた二人は同時に叫ぶ。「放っておいてくれ!」。次の瞬間、外の喧騒が静まった。異変を感じた二人が家から出ると、そこには真っ白の“無の世界”が広がっていた・・・。



■解説

『CUBE』、『カンパニー・マン』の2作で、斬新なアイデアと抜群のビジュアルセンスを見せつけてきたヴィンチェンゾ・ナタリ監督。彼の最新作の舞台は、これまた誰も見たことのない“何もない(=NOTHING)世界”だ。自己中心的で協調性に欠けるデイブ役のデビッド・ヒューレット、極度の心配性からひきこもりになってしまったアンドリュー役のアンドリュー・ミラーの二人は、『CUBE』にも出演していた俳優だ。アンドリューは俳優仲間と共同で、本作の脚本も執筆している。変人だけどキュートな二人は、絶妙のかけあいを繰り返しながら不可思議な世界を探検していく。そしてラストには、いかにもナタリ監督らしい衝撃の展開が!!

  • 2005年9月17日 より シネセゾン渋谷ほか全国にて順次公開

  • 配給:クロックワークス
  • 製作国:カナダ(2003)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 ヴィンチェンゾ・ナタリ (Vincenzo Natali)
脚本 ザ・ドリューズ (The Drews)
製作総指揮 ハンノー・フス (Hanno Huth) 酒匂暢彦 (サコウノブヒコ) ノア・シーガル (Noah Segal) アンドリュー・ミラー (Andrew Miller)
製作 スティーヴン・ホーバン (Steven Hoban)
撮影 デレク・ロジャース (Derek Rogers)
音楽 マイケル・アンドリュース (Michael Andrews)
その他 ジャスナ・ステファノヴィッチ (Jasna Stefanovich) ボブ・マンロー (Bob Munroe)

■キャスト

俳優名 役名
デイヴィッド・ヒューレット (David Hewlett)  Dave
アンドリュー・ミラー (Andrew Miller)  Andrew
ボビー (BOBBY)  Stan
マリー=ジョゼ・クローズ (Marie-Josee Croze)  Sara
アンドリュー・ロワリー (Andrew Lowery)  Crawford
ゴードン・ピンセント (Gordon Pinsent)  Man is Suit

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!