映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • さよならみどりちゃん

彼女の“みどりちゃん”がいることは、百も承知。それでもゆうこは、ユタカが好き! 等身大の切ない恋愛映画

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

大好きなユタカさえいれば、それで満足のゆうこ。とはいっても、二人は恋人同士ではない。初めてユタカとセックスした日、ゆうこは彼に“みどりちゃん”という彼女がいることを知ったのだった。みどりちゃん以外にも、いいかげんなユタカのまわりには女の影がチラチラ。それでもユタカが好きで離れられないゆうこは、彼に勧められるままスナックのバイトまで始める。昼間のOLとの二重生活を続けながら、ユタカとの関係も続けるゆうこだったが・・・。



■解説

映画初主演の星野真里をヒロインに迎え、南Q太の同名コミックを映画化した、等身大のラブストーリー。本作は80年代の曲をテーマにしたBS−iのドラマシリーズ「恋する日曜日」の映画版であり、荒井由実作詞・作曲の「14番目の月」が主題歌になっている(歌は奥村愛子)。目に見える自己表現に乏しい主人公が好きな男に振り回されるストーリーは、なんともリアルで切ない。それまで感情を押し殺してきた彼女が、映画の中盤で人知れず思いを爆発させるシーンは印象的だ。また自己中心的で破天荒な性格ながら、男も女も引きつけるカリスマ性を持つユタカを、西島秀俊が好演している。監督は青春映画『この窓は君のもの』『まぶだち』で海外でも高い評価を受けた、古厩智之。

  • 2005年8月27日 より 新宿トーアにて

  • 配給:スローラーナー
  • 製作国:日本(2004)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 古厩智之 (Tomoyuki Furumaya)
脚本 渡辺千穂 (ワタナベチホ)
原作 南Q太 (ミナミキュウタ)
製作総指揮 高西伸兒 (タカニシノブアキ) 藤賀幹生 (フジカミキオ) 鈴木径男 (スズキツネオ)
プロデューサー 丹羽多聞アンドリウ (ニワタモンアンドリュウ)
撮影 池内義浩 (イケウチヨシヒロ)
音楽 遠藤浩二 (エンドウコウジ)
その他 奥村愛子 (オクムラアイコ)

■キャスト

俳優名 役名
星野真里 (Hoshino Mari)  ゆうこ
西島秀俊 (Hidetoshi Nishijima)  ユタカ
松尾敏伸 (マツオトシノブ)  太郎
岩佐真悠子 (イワサマユコ)  真希
諏訪太朗 (スワタロウ) 
藤沢大悟 (フジサワダイゴ) 
中村愛美 (ナカムラマミ) 
千葉哲也 (チバテツヤ) 
小山田サユリ (オヤマダサユリ) 
佐々木すみ江 (ササキスミエ) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!