映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • バッドアス!

息子が見つめた父の革命〜ブラック・ムーヴィー誕生の軌跡

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

60年代末のアメリカ。『ウォーターメロン・マン』をヒットさせた黒人映画監督メルヴィン・ヴァン・ピーブルズは、メジャー作品の制約ゆえに“本当の黒人”を描ききれなかったことに忸怩たる思いを抱き、次回作を自主製作で撮ることを決意する。だが白人主導の社会で“黒人の黒人による黒人のための映画”を制作することは、容易な道のりではなかった。私財をなげうち、仲間と衝突し、なおカメラを回し続けるメルヴィン。そんな父の姿を、息子のマリオは一番近くで見つめていた。そしてついに『スウィート・スウィートバック』が完成する。



■解説

70年代ブラック・スプロイテーションの伝説的傑作『スウィート・スウィートバック』を世に放ち、“ブラック・ムーヴィーのゴッドファーザー”(byスパイク・リー)と称されるメルヴィン・ヴァン・ピーブルズ。今作は、その伝説が誕生するまで道のりを描いた伝記映画。監督はスパイク・リーやジョン・シングルトンと並ぶ現代ブラック・ムーヴィーの担い手にして、メルヴィンの息子のマリオ・ヴァン・ピーブルズ。マリオは俳優としてメルヴィン役も演じているが、劇中では少年時代のマリオが無理矢理『スウィート〜』に出演させられる裏話も描かれ、ただ父の偉業を検証するという以上に、二つの映画を挟んでの親子二代の因果がアフリカン・アメリカン的な尊厳を物語っている。今作に併せて『スウィート〜』もリバイバルされるので、お見逃しなく。

  • 2005年10月1日 より シネセゾン渋谷(レイト)ほか全国にて順次公開

  • 配給:ミラクルヴォイス
  • 製作国:アメリカ(2003)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 マリオ・ヴァン・ピーブルズ (Mario Van Peebles)
脚本 マリオ・ヴァン・ピーブルズ (Mario Van Peebles) デニス・ハガティー (Dennis Haggerty)
原作 メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ (Melvin Van Peebles)
エグゼクティブプロデューサー マイケル・マン (Michael Mann) ジェリー・オフセイ (Jerry Offsay)
製作 マリオ・ヴァン・ピーブルズ (Mario Van Peebles) デニス・ハガティー (Dennis Haggerty)
撮影 ロバート・プライムス (Robert Primes)
音楽 タイラー・ベイツ (Tyler Bates)
音楽監修 G・マーク・ロズウェル (G. Marq Roswell) ガース・トリニダッド (Garth Trinidad)
編集 アンソニー・ミラー (Anthony Miller) ニーカ・ゴフォース (Nneka Goforth)

■キャスト

俳優名 役名
マリオ・ヴァン・ピーブルズ (Mario Van Peebles)  Melvin Van Peebles
レイン・ウィルソン (Rainn Wilson)  Bill Harris
ジョイ・ブライアント (Joy Bryant)  Priscilla
T. K. Carter (T. K. Carter)  Bill Cosby
テリー・クルーズ (Terry Crews)  Big T
オジー・デイヴィス (Ossie Davis)  Granddad
デヴィッド・アラン・グリア (David Alan Grier)  Clyde Houston
ニア・ロング (Nia Long)  Sandra
ポール・ロドリゲス (Paul Rodriguez)  Jose Garcia
クレオ・トーマス (Khleo Thomas)  Mario

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!