映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 誰がために

やりきれない怒りの中で、赦しの感情を探る人間の心を描いたドラマ

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

東京の下町で、父から受け継いだ写真館を営む民郎は、幼なじみのマリが連れてきた亜弥子とひと目で惹かれあう。カメラマンの仕事を諦めた民郎と、父の顔を知らずに育った亜弥子は、互いの心を埋めあうように愛しあい、やがて亜弥子は妊娠した。幸せに包まれる二人を、突然悲劇が襲う。亜弥子は、跡をつけてきた少年に殺されてしまった。怒りと悲しみの中、日常を取り戻そうとしていた民郎は、犯人の少年が軽い刑で出所したことを知る。



■解説

理不尽な暴力が蔓延する現代に、最愛のものを失った人が抱える痛みと苦しみ、そして希望を描く秀作。やり場のない怒りを抱えた人間は、この世の中でどう生きていけばいいのか…そんな葛藤が、リアルな日常の風景の中に綴られていく。監督の日向寺太郎は、巨匠・黒木和雄監督の下で助監督を務めてきた新鋭。デビュー作とは思えない、完成度の高いドラマを見せている。主人公の民郎には、日向寺監督が「彼しかいない」と起用した浅野忠信。エリカ、池脇千鶴、烏丸せつこ、香川照之ら、若手からベテランまで実力派が脇を固めるほか、本作が映画初出演となる小池徹平が、犯人の少年役で難しい演技に挑戦している。重いテーマに、矢野顕子の優しく軽やかなピアノが響くと、この物語のリアリティがジワリと伝わってくるだろう。

  • 2005年10月15日 より シアター・イメージフォーラムにて

  • 配給:パル企画、マジックアワー
  • 製作国:日本(2005)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 日向寺太郎
原案 日向寺太郎
製作 藪下憲一 (ヤブシタケンイチ) 川城和実 (Kazumi Kawashiro) 鈴木ワタル (スズキワタル)
プロデューサー 有吉司 河野聡 (カワノサトシ) 多井久晃 (タイヒサアキ) 大橋孝史 (オオハシタカシ)
撮影 川上皓市
美術 丸尾知行 (マルオトモユキ)
音楽 矢野顕子 (ヤノアキコ)
録音 弦巻裕
照明 尾下栄治 (オノシタエイジ)
編集 阿部亙英 (アベヒロヒデ)
衣装デザイン 宮本茉莉 (ミヤモトマリ)

■キャスト

俳優名 役名
浅野忠信 (Tadanobu Asano)  民郎
エリカ (エリカ)  亜弥子
池脇千鶴 (Ikewaki Chizuru)  マリ
小池徹平 (Teppei Koike)  少年
宮下順子 (Miyashita Junko) 
烏丸せつこ (Setsuko Karasuma) 
小倉一郎 (オグライチロウ) 
眞島秀和 (Hidekazu Mashima) 
菊地凛子 (Kikuchi Rinko) 
香川照之 (Teruyuki Kagawa) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!