映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 昭和やくざ系図 長崎の顔

長崎を舞台に、渡哲也が出所したてのヤクザを熱演!

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

出所した高間慶二に裟婆の空気は冷たかった。長崎の街は変貌していたし、高間組が持っていた興行権も今や松井組のもの、あたたかく迎えたのは新吉、重作、小鉄ぐらいのものだった。慶二は早速、父の墓前に組の立直しを誓うと恋人・加代子の反対を押切って、三代目襲名披露の興行をうった。その席上、慶二は親分衆の口ききで松井から市民会館の興行権利を譲りうけた。だが、松井の気持はおさまらず、高間組に対する抵抗は、日増しに、その度を加えた。そんな時、松井組に小岩竜吉がわらじをぬいだ。一方、慶二は悪らつな松井らの邪魔だてに苦しみながら、待望の興行初日を迎えた。高間組の面子をたもち、無事宗家高間の看板をおろした慶二。その胸中を知るのは新吉だけだった。そこへ殺しを頼まれた小岩が現われるが…。



■解説

中村幸也の原作『長崎の顔』(長崎新聞連載)を、「前科・仮釈放」の池上金男が脚色し、「博徒百人 任侠道」の野村孝が監督した任侠もの。撮影は、同作の峰重義が担当した。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1969)
    • ジャンル:
    • 任侠/時代劇

■スタッフ

監督 野村孝 (ノムラタカシ)
脚色 池上金男 (イケガミカナオ)
原作 中村幸也 (ナカムラユキヤ)
企画 森山幸晴
撮影 峰重義 (ミネシゲヨシ)
美術 松井敏行 (マツイトシユキ)
音楽 松浦三郎 (マツウラサブロウ)
録音 秋野能伸 (アキノヨシノブ)
照明 三尾三郎
編集 鈴木晄 (スズキアキラ)
スチール 目黒祐司 (メグロユウジ)

■キャスト

俳優名 役名
渡哲也 (Tetsuya Watari)  高間慶二
安藤昇 (アンドウノボル)  小岩竜吉
益田ひろ子 (マスダヒロコ)  斎藤加代子
嵐寛寿郎 (アラシカンジュウロウ)  平田新吉
水島道太郎 (ミズシマミチタロウ)  斎藤重作
藤竜也 (Tatsuya Fuji)  小宮鉄男
青木義朗 (アオキヨシロウ)  松井邦光
高城淳一 (タカギジュンイチ)  松田政夫
杉江広太郎 (スギエコウタロウ)  淵野義一
佐藤了一 (サトウリョウイチ)  的場三郎
晴海勇三   鴨井健児
原恵子 (ハラケイコ)  平田トヨ
新井麗子 (アライレイコ)  斎藤千代
ディック・ミネ   歌手
内山田洋とクール・ファイブ (ウチヤマダヒロシトクールファイブ)  歌手
土門剛   歌手

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!