映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 殴者

格闘と劇映画を組み合わせ、人生を殴り合いにかけた男たちの、斬新な時代劇ドラマ

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

明治時代初期。雷一家のボス、ピストル愛次郎は、薬の闇取引と、強い男たちを闘わせる「殴り合い」のゲームを仕切っていた。腹心の暗雷は、幼い頃に愛次郎に父を殺されながら、愛次郎の影法師として働いている。ある日暗雷は、対立している蟷螂一家が、画期的なイギリスの新薬を扱っていることを知り、薬を持ち込んだイギリスの商人、ヴィンセントに近づいた。雷一家の横槍に怒った蟷螂一家に、暗雷は、販売権をかけた「殴り合い」の試合を持ちかける。



■解説

西洋文化が流れ込む維新時代を舞台に、鮮やかな色彩でミステリアスなドラマを描く、異色の時代劇が登場した。タイトルにもなっている殴者とは、殴り合いの試合に挑む男たちで、闘うことに生きがいを見出している者。劇中では、桜庭和志、高山善廣、ヴァンダレイ・シウバら、本物の格闘家たちが土俵の上で熱い殴り合いの勝負を見せている。監督は、『けものがれ、俺らの猿と』の須永秀明。憂いを秘めた暗雷役には、玉木宏。強烈な個性を放つ愛次郎には、陣内孝則が扮している。暗雷と悲しい慕情で結ばれている月音を、水川あさみが妖艶に演じた。リングの上とは一味違った格闘アクションと、複雑な師弟関係、悲しい慕情など、ロマンチズムに溢れた時代劇ドラマを楽しめる。

  • 2005年9月23日 より テアトル新宿、テアトル池袋ほか全国にて

  • 配給:ワイズポリシー
  • 製作国:日本(2005)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 須永秀明 (スナガヒデアキ)
脚本 伴一彦 (バンカズヒコ)
原作 田中雄一郎 (タナカユウイチロウ)
製作総指揮 榊原信行 (サカキバラノブユキ) 葵てるよし (アオイテルヨシ)
プロデューサー 森谷雄 (モリヤタケシ) マツムラケンゾウ (マツムラケンゾウ)
撮影 小松高志 (コマツタカシ)
美術 磯田典宏 (イソダノリヒロ)
音楽 會田茂一 (アイダモイチ)
その他 奥田美和子 (オクダミワコ)

■キャスト

俳優名 役名
玉木宏 (Hiroshi Tamaki)  暗雷
水川あさみ (Mizukawa Asami)  月音
陣内孝則 (Takanori JInnai)  ピストル愛次郎
虎牙光揮 (コガミツキ)  虎走六
篠井英介 (Eisuke Sasai)  皮舌雨舌
桜庭和志 (サクラバカズシ)  銀閣
高山善廣 (タカヤマヨシヒロ)  鉄風
ヴァンダレイ・シウバ (ヴァンダレイ・シウバ)  モルテ
ドン・フライ (Don Frye)  メイソン
クイントン・“ランペイジ”・ジャクソン (Quinton 'Rampage' Jackson)  ドン・ディガ

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!