映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ―less レス

なぜ、抜け出せない・・・?新進気鋭の若手監督コンビが仕掛ける究極のデッドエンド・スリラー

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

クリスマス・イヴの夜、毎年恒例になっている親戚の家でのパーティに出席するため、ハリントン一家は車を走らせていた。ただ、今年に限って、いつもより近道をしようと人気のない森を抜けることにする。しかし、迷ってしまったのか、行けども行けども目的地に辿り着くことができない。やがて、道端に赤ん坊を抱えた白いドレスの女が立っているのが見えた。道を聞こうと車を止めるが、彼女は答えず、怪我をしている様子だ。助けを呼ぼうとするが、携帯は繋がらない。そして、山小屋を発見するが、ここの電話も繋がらない。その時、突然悲鳴が聞こえた。娘マリオンの恋人ブラッドが、何者かによって黒いクラシックカーで連れ去られてしまったのだ。あわてて追いかけるが、そこには、ブラッドの変わり果てた姿があった…。



■解説

98年『CUBE』、99年『π』にはじまり、02年『es[エス]、』さらに04年『SAW ソウ』。極限の状況に置かれた人間の行動が生み出すサスペンス・スリラーは常に斬新なアイディアで私たちを未知の体験へと導いてくれた。そして05年、デビュー作ながら世界各国の映画祭で高く評価され、“デイヴィット・リンチから影響を受け、この作品を撮った”と自ら語る新進気鋭の若手監督コンビ、ジャン=バティスト・アンドレアとファブリス・カネパが仕掛ける究極のデッドエンド・スリラーが日本を震撼させる!最後の最後まで巧妙に張り巡らされた謎を、あなたは解くことができるだろうか?(作品資料より)

  • 2005年6月4日 より シネクイント(レイト)にて

  • 配給:クロックワークス
  • 製作国:フランス=アメリカ(2003)
    • ジャンル:
    • スリラー/サスペンス
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 ジャン=バティスト・アンドレア (Jean-Baptiste Andrea) ファブリス・カネパ (Fabrice Canepa)
脚本 ジャン=バティスト・アンドレア (Jean-Baptiste Andrea) ファブリス・カネパ (Fabrice Canepa)
製作 ジェームズ・ユット (James Huth) イヴ・シュヴァリエ (Yves Chevalier) ガブリエラ・シュトレンヴェルク (Gabriella Stollenwerck)
撮影 アレキサンダー・ブオーノ (Alexander Buono)
音楽 グレッグ・ドゥ・ベル (Greg De Belles)
編集 アントワーヌ・ヴァレイユ (Antoine Vareille)

■キャスト

俳優名 役名
レイ・ワイズ (Ray Wise)  Frank Harrington
アレクサンドラ・ホールデン (Alexandra Holden)  Marion Harrington
リン・シェイ (Lin Shaye)  Laura Harrington
ミック・ケイン (Mick Cain)  Richard Harrington
ビリー・アッシャー (Billy Asher)  Brad Miller
アンバー・スミス (Amber Smith)  The Lady in White
カレン・S・グレガン (Karen S. Gregan)  Dr Helen Marcott
スティーヴ・ヴァレンティーヌ (Steve Valentine)  The Man in Black

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!