映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • やくざと抗争 実録安藤組

終戦後、渋谷を支配した「安藤組」結成を描いたヤクザ映画

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

昭和二十四年、渋谷。制帽をあみだにかぶり、学生服をラフにひっかけた大学生・矢頭をリーダーとするチンピラたちと、愚連隊・ドス健、橋場組は顔を合わせると喧嘩の毎日だった。そしてある日、矢頭はドス健に顔面深く斬り裂かれる。傷の痛みをこらえて歩き廻っていた矢頭は、幼な馴染みの早苗と会い、看護を受ける。傷の癒えた矢頭は、橋場の兄弟分でもある児島の仲裁を無視して、ドス健を襲い、仲間の三吉がドス健を殺してしまった。児島の助力も得て勢いづいた矢頭は次第に仲間を増し、橋場組の縄張りを侵略していき、ついに、橋場を殺し、縄張りを手中に収めた。



■解説

「やくざと抗争」シリーズ第二作。二作目も安藤昇原作・小説の映画化であるが、前作と違って、安藤昇自身がモデルとなっている。不良学生グループのリーダーだった安藤昇がやくざ、テキヤを相手に血で血を争う抗争を繰り返しながら、“安藤組"を結成するまでを描く。脚本は「やくざと抗争」の石松愛弘、監督も同作の佐藤純彌、撮影は「人斬り与太 狂犬三兄弟」の仲沢半次郎がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1973)
    • ジャンル:
    • 任侠/時代劇

■スタッフ

監督 佐藤純彌 (Junya Sato)
脚本 石松愛弘
原作 安藤昇 (アンドウノボル)
企画 俊藤浩滋 (Koji Shundo) 吉田達 (ヨシダトオル)
撮影 仲沢半次郎 (ナカザワハンジロウ)
美術 中村修一郎 (ナカムラシュウイチロウ)
音楽 日暮雅信 (ヒグレマサノブ)
録音 内田陽造 (ウチダヨウゾウ)
照明 川崎保之丞 (カワサキヤスノジョウ)
編集 長沢嘉樹
助監督 深町秀煕
スチール 加藤光男 (カトウミツオ)

■キャスト

俳優名 役名
安藤昇 (アンドウノボル)  矢頭
袋正 (フクロタダシ)  三崎
江守徹 (Toru Emori)  加納
佐藤蛾次郎 (サトウガジロウ)  三吉
北川恵一 (キタガワケイイチ)  西原
安岡力也 (Rikiya Yasuoka)  黒木
小林稔侍 (Nenji Kobayashi)  野田
諸角啓二郎 (モロズミケイジロウ)  橋場
今井健二 (イマイケンジ)  佐倉
堀田真三 (ホッタシンゾウ)  若い衆
深江章喜 (フカエショウキ)  本堂
室田日出男 (ムロタヒデオ)  唐沢
佐藤晟也 (サトウセイヤ)  子分
内田朝雄 (Asao Uchida)  榊原
郷英治 (ゴウエイジ)  勇吉
渡辺文雄 (ワタナベフミオ)  蓮見
日尾孝司 (ヒオコウジ)  組員
藤山浩二 (フジヤマコウジ)  組員
丹波哲郎 (Tetsuro Tanba)  児島
藤浩子 (フジヒロコ)  早苗
山本麟一 (ヤマモトリンイチ)  ドス健
八名信夫 (Nobuo Yana)  岩上
松井康子 (マツイヤスコ)  富江
小林千枝 (コバヤシチエ)  児島の妻
植田灯孝 (ウエダトモタカ)  司法主任
相馬剛三 (ソウマゴウゾウ)  医者

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!