映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 肌の隙間

  • R-18

肌の隙間を埋めるのは愛欲か、それとも心のつながりか。痛ましい逃避行を続ける男女のロードムービー

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

青年・秀則を後ろに乗せてスクーターで町中を走る妙子。2人はいつかしか農村地帯にさしかかる。秀則の腕は紐で縛られていた。2人は妙子の母が住む家を訪れる。妙子の母は「お前が死ねば良かった」と妙子をなじり、泣き崩れる。翌日、2人は家を出て、アイスクリーム売りの車に乗車する。立ち寄ったガソリンスタンドでは、妙子の指名手配写真が映し出されていた。秀則の母が殺されたニュースだ。妙子と秀則は叔母と甥の関係だった。2人は人里離れた山荘に隠れ住み、セックスに溺れる。二人の行き先はあるのだろうか。



■解説

どうして秀則が母を殺したのか、秀則とその母と妙子はどんな生活を送っていたのか、そうした説明描写はほとんどなく、映画は疾走する。途切れ途切れに聞こえる同時録音のセリフが、さらにストーリーをわからなくしている。しかし「なぜ?」は作者の狙いではないのだろう。コミュニケーションがうまく取れない「二人だけの世界」を作るためのお膳立てにすぎないのかもしれない。

観客は自然と二人の逃避行に集中するようになる。二人は叔母と甥の関係だが、時には幼児のようにも見える妙子なので、年齢差による違和感はない。本作品は昨年ピンク映画として公開されているが、高い評判を得て、今回単館でのロードショーが決定した。

  • 2005年5月28日 より ユーロスペースにてレイトショー

  • 配給:アルゴ・ピクチャーズ
  • 製作国:日本(2004)
    • ジャンル:
    • ドラマ
    • |
    • ラブ・ストーリー

■スタッフ

監督 瀬々敬久 (ゼゼタカヒサ)
脚本 佐藤有紀
企画 朝倉大介 (アサクラダイスケ)
撮影 斉藤幸一 (サイトウコウイチ)
録音 山口勉 (ヤマグチツトム)
編集 酒井正次 (サカイマサツグ)
助監督 坂本礼
スチール 夏野苺 (ナツノイチゴ)

■キャスト

俳優名 役名
不二子 (フジコ)  妙子
小谷健仁 (コタニケンジ)  秀則
伊藤洋三郎 (イトウヨウザブロウ)  アイスクリーム売り
三浦誠己 (ミウラマサキ)  ガソリンスタンドの店員
飯島大介 (イイジマダイスケ)  浮浪者の男
吉村実子 (ヨシムラジツコ)  祖母

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!