映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 母のいる場所

高齢化社会の中、介護を通じて描かれる、家族の生き方と絆の物語

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

フリーライターのシングルマザー、泉は、取材で訪れた老人介護ホームで、自由に暮らす老人たちの姿を目にする。7年前に母が脳血栓で倒れて以来、泉は仕事と介護に追われていたが、頑固な父は「自分が介護する」と言い張るばかり。息子の遼にも目をかけてやれないなか、父も80歳を超え、在宅介護に限界を感じた泉は、遂に母をホームへ入居させることに。やがてホームは、母が人生の最後に暮らす、大切な場所となっていく。



■解説

本作は、作家・久田恵が自らの家族の介護物語を綴った著書「母のいる場所 シルバーヴィラ向山物語」を映画化した作品。半身不随と失語症を患った母親の介護を通じ、母子、父娘、夫婦の絆、そして家族の姿を描いていく。槙坪夛鶴子監督は、ご自身、障害を抱え車イスに乗りながら、痴呆の母を介護している。誰よりもその苦労を知るからこそ、介護問題の現実を真摯に描き、その中に希望を見せてくれる。

主人公・泉を演じた紺野美沙子、心身の苦しみを熱演した馬渕晴子、介護を通じて妻の心を知る父に小林桂樹が扮し、介護する側とされる側、それぞれの辛さや痛み、喜びを表現。すべての人に必ずおとずれる「老い」の現実に目を向け、人との係わり合いのなかでどう生きていくか、優しく問いかける作品。

  • 2005年4月9日 より 岩波ホールにて

  • 配給:パオ
  • 製作国:日本(2003)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 槙坪夛鶴子 (マキツボタツコ)
脚本 槙坪夛鶴子 (マキツボタツコ) 下島三重子 (シモジマミエコ)
原作 久田恵 (ヒサダメグミ)
企画 槙坪夛鶴子 (マキツボタツコ)
製作 槙坪夛鶴子 (マキツボタツコ) 光永憲之
撮影 圖書紀芳
美術 和田洋 (ワダヒロシ) 木村瑛二 (キムラエイジ)
音楽 光永龍太郎 (ミツナガリュウタロウ)
照明 岩崎豊 (イワサキユタカ)
編集 普嶋信一

■キャスト

俳優名 役名
紺野美沙子 (コンノミサコ)  久野泉
小林桂樹 (Keiju Kobayashi)  久野賢一郎
馬渕晴子 (マブチハルコ)  久野道子
片岡涼 (カタオカリョウ)  久野遼(子供時代)
細山田隆人 (Takahito Hosoyamada)  久野遼(青年時代)
野川由美子 (Nogawa Yumiko)  高木悠子
岡野進一郎 (オカノシンイチロウ)  久則
菅原あき (スガワラアキ)  直子
高田敏江 (タカダトシエ)  高井
小笠原町子 (オガサワラマチコ)  熊田

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!