映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • EGG

美しい女性が“これでもか!”と怪獣に汚されていく、キッチュでカルトな新感覚ムービー

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

目の前に現れる、見知らぬ母娘の不気味なたたずまいに悩まされている韓国人女性、月子。実は彼女は幼い頃から、目を閉じるとまぶたの向こうにタマゴが見える奇妙な現象にも苦しんでいた。医者に相談しても、幻想だと言われてとりつくシマもない。ところが、最近になってそのタマゴにヒビが入った。そして、ついに殻を破っておぞましい姿の怪獣が出現したのだ!やがて怪獣は月子の内側から激しく体当たりを繰り返すようになり…。



■解説

2002年、東京国際ファンタスティック映画祭で上映され、熱狂的なファンの間で語り継がれてきた幻の作品が遂にベールを脱いだ! 『恋愛寫眞/Collage of Our Life』『トリック 劇場版』などを手掛ける気鋭の映像作家、堤幸彦が、VFXディレクター、原田大三郎とのコラボレーションで作り出した異色の世界観。

なんと、眼の中に生息する怪獣に翻弄される1人のヒロインの悲哀を描くという、キッチュでカルトな作品なのだ。ヒロインの月子に扮したのは、ミス・コリアの栄冠にも輝いたことがあるチョ・ヘヨン。果たして彼女に救いの手は差し伸べられるのか!? そのほか、氏家恵、佐藤二朗、犬山イヌコといった堤作品の常連組が脇を固めている。

  • 2005年3月26日 より 渋谷シネ・アミューズにてレイトショー

  • 配給:スローラーナー
  • 製作国:日本(2002)
    • ジャンル:
    • ホラー

■スタッフ

監督 堤幸彦 (Yukihiko Tsutsumi)
VFXディレクター 原田大三郎 (Daisaburo Harada)
脚本 堤幸彦 (Yukihiko Tsutsumi)
原案 堤幸彦 (Yukihiko Tsutsumi)
製作 森重晃 (モリシゲアキ) 梅川治男 (ウメカワハルオ) 市山竜次 (イチヤマリュウジ)
撮影 唐沢悟 (カラサワサトル)
美術 稲垣尚夫 (イナガキヒサオ)
音楽 見岳章 (ミタケアキラ)
録音 井上宗一 (イノウエソウイチ)
照明 石田健司
編集 伊藤伸行 (イトウノブユキ)
助監督 丸毛典子 (マルモノリコ)

■キャスト

俳優名 役名
チョ・ヘヨン (チョ・ヘヨン) 
氏家恵 (ウジイエメグミ) 
佐藤二朗 (Jiro Sato) 
犬山イヌコ (イヌヤマイヌコ) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!