映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • クローサー

  • R-15

嘘が愛を育み、真実が愛を壊す−。豪華アンサンブルが魅せる“大人の恋愛ドラマ”

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

通勤者であふれる朝のロンドン。新聞記者のダンは、車と接触事故を起こした女性を助ける。彼女の名はアリス。ニューヨークでストリッパーをしていたアリスは、その日ロンドンに着いたばかりだった。2人は恋に落ち、同じ部屋で暮らし始める…。1年後。処女小説の出版を控えたダンは、アンナという女性写真家に一目惚れする。アンナは恋人のいるダンを拒むが、ダンの心の揺れはアリスに見抜かれていた。一方、アンナはダンの悪ふざけがもとで医師のラリーと出会い、結婚するが…。それぞれの愛は、やがて運命的に交錯してゆく。



■解説

世界30ヶ国語に翻訳され、100都市以上で上演されたパトリック・マーバーの傑作戯曲を、『卒業』の名匠マイク・ニコルズ監督が映画化した本作は、ロンドンの街を舞台に絡み合う4人の男女の恋愛模様を、エモーショナルに、シニカルに、リアリスティックに描き出す“大人の恋愛ドラマ”。元の戯曲を作者自らが脚色しているため、シーンの運びに無駄がなく、また随所に散りばめられた名台詞も鮮烈な印象を残す。

写真家、作家、ストリッパー、医師という登場人物には、ジュリア・ロバーツ、ジュード・ロウ、ナタリー・ポートマン、クライヴ・オーウェンという当代きってのスターが集結。愛に燃え、傷つく等身大の心の表裏を、見事なアンサンブルで表現している。ポートマンの多感なヒロイン像とロバーツの成熟した女性像の対比も、女性客の共感を呼びそうだ。

  • 2005年5月21日 より 丸の内プラゼールほか全国松竹東急系にて

  • 配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
  • 製作国:アメリカ(2004)
    • ジャンル:
    • ラブ・ストーリー

■スタッフ

監督 マイク・ニコルズ (Mike Nichols)
脚本 パトリック・マーバー (Patrick Marber)
原作 パトリック・マーバー (Patrick Marber)
エグゼクティブプロデューサー セリア・コスタス (Celia D. Costas) ロバート・フォックス (Robert Fox)
製作 マイク・ニコルズ (Mike Nichols) ジョン・コーリー (John Calley) ケイリー・ブロコウ (Cary Brokaw) スコット・ルーディン (Scott Rudin)
撮影 スティーブン・ゴールドブラット (Stephen Goldblatt)
美術 ティム・ハトレー (Tim Hatley)
編集 ジョン・ブルーム (John Bloom) アントニア・ヴァン・ドリムレン (Antonia Van Drimmelen)
衣装デザイン アン・ロス (Ann Roth)

■キャスト

俳優名 役名
ジュリア・ロバーツ (Julia Roberts)  Anna
ジュード・ロウ (Jude Law)  Dan
ナタリー・ポートマン (Natalie Portman)  Alice
クライヴ・オーウェン (Clive Owen)  Larry

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!