映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 釣りバカ日誌8

おなじみハマちゃんとスーさんの釣りバカコンビが巻き起こす騒動を描く人気コメディ・シリーズの通算第9作

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ハマちゃんこと浜崎伝助とスーさんこと鈴木一之助のふたりは、相変わらずの釣り三昧の毎日を送っていた。ある日、一之助は亡き友人の娘で今は一之助の秘書である榊真理から、父親の三回忌が終わったことを知らされる。忙しさで法事に行けなかった一之助は休日に榊家を訪れ、真理の姉で外科医の和美と久々に再会した。和美は一之助の舌を見るなり大腸検査を勧め、しぶしぶ和美の病院に出向いた一之助は検査の結果、命に別状はなかったが、悪性のポリープと診断される。



■解説

おなじみハマちゃんとスーさんの釣りバカコンビが巻き起こす騒動を描く人気コメディ・シリーズの通算第9作。『男はつらいよ』の併映を離れて、94年の『釣りバカ日誌S』以来の夏興行登場となった。監督は『釣りバカ日誌S』以外の全作を手掛ける栗山富夫。主演はシリーズの顔・西田敏行と三國連太郎で、『Shall We ダンス?』の柄本明と、『居酒屋ゆうれい』の室井滋の個性派2人がゲストとして出演している。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1996)
    • ジャンル:
    • ドラマ
    • |
    • コメディ

■スタッフ

監督 栗山富夫 (クリヤマトミオ)
脚本 山田洋次 (Yoji Yamada) 関根俊夫 (セキネトシオ) 荒井雅樹 (アライマサキ)
原作 やまさき十三 (ヤマサキジュウゾウ) 北見けんいち (キタミケンイチ)
プロデューサー 瀬島光雄 (セジマミツオ) 中川滋弘 (ナカガワシゲヒロ)
撮影 安田浩助 (ヤスダコウスケ)
美術 重田重盛 (シゲタシゲモリ)
音楽 かしぶち哲郎 (カシブチテツロウ)
音楽プロデューサー 佐々木麻美子 (ササキマミコ) 高石真美 (タカイワマミ)
録音 近藤勲 (コンドウ)
照明 栗木原毅 (アワキハラツヨシ)
編集 鶴田益一
助監督 鈴木敏夫
スクリプター 長谷川幸子

■キャスト

俳優名 役名
西田敏行 (Toshiyuki Nishida)  浜崎伝助
三國連太郎 (Rentaro Mikuni)  鈴木一之助
浅田美代子 (アサダミヨコ)  浜崎みち子
柄本明 (Akira Emoto)  湯川省平
室井滋 (Muroi Shigeru)  榊和美
原知佐子 (ハラチサコ)  和美の母
西山由海 (ニシヤマユミ)  榊真理
森塚敏 (モリツカビン)  和美の父
小野寺昭 (オノデラアキラ)  本部長
谷啓 (Kei Tani)  佐々木課長
前田武彦 (Takehiko Maeda)  堀田常務
加藤武 (Takeshi Kato)  秋山専務
竜雷太 (Raita Ryu)  原口人事部長
角野卓造 (Takuzo Kadono)  草森秘書室長
笹野高史 (Takashi Sasano)  前原運転手
児玉謙次 (コダマケンジ)  重役
中本賢 (Ken Nakamoto)  太田
ビートきよし (ビートキヨシ)  タクシーの運転手

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!