映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 彼女を信じないでください

突然、自分の恋人だと言い張る彼女の正体は?韓国からやってきた、笑って泣けるロマンティック・コメディ

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

刑務所で服役中の女詐欺師ヨンジュは、天性の嘘と演技で委員会の同情を買い、保釈を勝ち取って列車の中へ。そんな彼女の向いに座ったのが、真面目な薬剤師の青年ヒチョル。彼が大切にしていた婚約指輪をひょんなことで手にしたヨンジュは、その指輪を返そうとヒチョルが住む田舎町にやってくる。ところがヒチョルは留守。その間に家族は恋人がやってきたと勘違い。後に引けなくなったヨンジュは恋人に成りすます。ヒチョルはことの成り行きに驚き、「彼女とは関係ない」と訴えるが、言い訳をすればするほど家族は彼女の味方に…。



■解説

笑って笑って最後にホロリとさせる、楽しいコメディだ。「することが常に裏目に出てしまうドジな男とその彼を翻弄する女」という韓国映画では、大ヒットした『猟奇的な彼女』がある。ただしこの作品では、主人公の2人を取り巻く家族の面々のキャラクターも楽しめる。

韓国ドラマでは必ずといっていいほど、主人公以外の異なる世代の家族も描かれている。それらが日本人にもすんなり笑えるのは、日本の昔の「ムー」「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」といったホームドラマのパターンを踏んでいるからかもしれない。この作品では、軟弱な息子はマチャアキ、無口ですぐ殴る父親は小林亜星、ボケたおばあちゃんは樹木希林といった顔がすぐに連想される。定番のギャグだが、それが妙にうれしい。

  • 2005年5月28日 より VIRGIN TOHO CINEMAS 六本木ヒルズにて

  • 配給:ハピネット・ピクチャーズ
  • 製作国:韓国(2004)
    • ジャンル:
    • コメディ
    • |
    • ラブ・ストーリー
上映スケジュール  (近畿で1館)

■スタッフ

監督 ペ・ヒョンジュン (Pae Hyeong-Jun)
脚本 チェ・ヒデ
企画 カン・ウソク (Kang Woo-Suk)
製作 アン・ヨンジュン ハン・ジスン (Han Ji-Seung)
撮影 ユン・ホンシク (Yoon Hong-shik)
美術 イ・クナ
音楽 チョ・ヨンウク (Jo Yeong-wook)
照明 チェ・ソッゼ
編集 コ・イムピョ (Ko Im-Pyo)
衣装デザイン ハム・ヒョンジュ (Ham Hyun-joo)

■キャスト

俳優名 役名
キム・ハヌル (Kim Ha-Neul)  Ju Yeong-ju
カン・ドンウォン (Kang Tong-Won)  Choi Hee-cheol
ソン・ジェホ (Song Jae-ho)  Hee-cheol's dad
キム・ジヨン (Kim Ji-Yeong)  Hee-cheol's grandma
イ・ヨンウン (I Yeong-Eun)  Hee-cheol's sister

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!