映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 女賭博師尼寺開帳

“女賭博師”シリーズ第8作目

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

銀子と父の辰造が深見の賭場のツボ振りになってから、その賭場ははやる一方だった。深見に対抗する川井が、緋桜の梨江を銀子に挑戦させたのは、その巻き返しを図ってのことだった。しかし、梨江は鮮やかな銀子のテクニックに敗れた。ある日、銀子は自動車事故で重傷を負った。同乗していた深見は即死だった。廃人になるおそれがある、というほどの重態だった銀子は辰造の看護のお蔭でもと通りに回復した。しかし入院費を借りたために、銀子は川井の賭場でツボを振ることになった。



■解説

『眠狂四郎女地獄』の高岩肇がシナリオを執筆し、『怪談雪女郎』の田中徳三が監督した“女賭博師”シリーズ第8作目。撮影は前作『女賭博師鉄火場破り』の中川芳久。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1968)
    • ジャンル:
    • 任侠/時代劇

■スタッフ

監督 田中重雄 (タナカシゲオ)
脚本 高岩肇 (タカイワハジメ)
企画 斎藤米二郎
撮影 中川芳久 (ナカガワヨシヒサ)
美術 後藤岱二郎 (ゴトウタイジロウ)
音楽 鏑木創
録音 奥村幸雄 (オクムラユキオ)
照明 泉正蔵
編集 中静達治
スチル 大葉博一

■キャスト

俳優名 役名
江波杏子 (Enami Kyoko)  大滝銀子
三条魔子 (サンジョウマコ)  沢田梨江
川津祐介 (カワヅユウスケ)  山村留吉
大坂志郎 (オオサカシロウ)  大滝辰造
志村喬 (シムラタカシ)  岡崎大五郎
早川雄三 (ハヤカワユウゾウ)  三宅雄作
千波丈太郎 (センバジョウタロウ)  久保田
夏木章 (ナツキショウ)  深見源次
水原浩一 (ミズハラコウイチ)  賭場胴元
蛍雪太郎   常松
北城寿太郎 (ホウジョウジュタロウ)  川井仙之助
京唄子 (キョウウタコ)  矢部秋子
鳳啓助 (オオトリケイスケ)  旅館支配人
南州太郎 (ナンシュウタロウ)  流し
コント55号 (コント55ゴウ)  万歳
萩本欽一 (ハギモトキンイチ)  サブ
坂上二郎 (Jiro Sakagami)  ケン
小山内淳  
中田勉   庄八
谷謙一 (タニケンイチ)  飲み屋の亭主
伊達正 (ダテタダシ)  やきとり屋
三夏伸  
井上大吉 (イノウエダイキチ)  仙太
喜多大八 (キタダイハチ)  下田の胴元
佐伯勇 (サエキイサム)  三宅の子分
八重垣路子 (ヤエガキミチコ)  郵便局局員
八代順子 (ヤシロジュンコ)  マーケット女店員

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!