映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 殺し屋&嘘つき娘

中国人娘のボディガードを依頼された殺し屋がたどる道行きを描く

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

灼熱のフィリピン、ジョーカーと呼ばれる殺し屋は、彼のエージェントから最後の仕事を引き受ける。それは、麗華という中国人の娘をエル・レイの町まで送り届けるというものだった。犯罪組織に捕らえられていた麗華を救い出したジョーカーは、追撃してくる組織をかわすため、その場に居合わせたオンボロ・タクシーに飛び乗り、運転手のサルを巻き込んで逃亡を開始する。ところが、麗華は大きなバッグを大事そうに抱えたまま、かたくなに心を閉ざすばかりだった。



■解説

中国人娘のボディガードを依頼された殺し屋がたどる道行きを描いたアクション・ロードムービー。監督・脚本は俳優の小沢仁志で、製作をつとめた『SCORE』に続き本作では監督デビューも飾っている。撮影は高橋俊光。主演は小沢と、台湾出身のアイドルでこれが日本映画初出演となるビビアン・スー。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1997)
    • ジャンル:
    • アクション

■スタッフ

監督 小沢仁志 (Hitoshi Ozawa)
脚本 小沢仁志 (Hitoshi Ozawa)
原案 柏原寛司 (Hiroshi Kashiwabara) 室賀厚 (Atsushi Muroga)
プロデューサー 大西洋志 (オオニシヒロシ) 小森邦昭 小沢仁志 (Hitoshi Ozawa)
撮影 高橋俊光 (タカハシ)
美術 西村太一 (ニシムラタイチ)
音楽 トルステン・ラッシュ (Torsten Rasch)
主題歌 D.O.G. (D.O.G.)
音響効果 柴崎憲治 (シバザキケンジ)
照明 上妻敏厚 (コウヅマトシアツ)
編集 鵜飼邦彦 (ウガイクニヒコ) 小沢仁志 (Hitoshi Ozawa)
衣裳 小里幸子 (Yoshiko Kosato)
ラインプロデューサー ノーリ・ヴィラール (Noli Villar)
監督補 武正晴 (タケマサハル)
助監督 大嶽寿豊
スチール ツダ ツヨシ (Tsuyoshi Tsuda)
特殊効果 ドミネイダー・ドミンゴ (Dominador Domingo) エドング・ラガーサ (Edong Ragasa) ボリトング・ドミンゴ (Bolitog Domingo) レイ・カバニラ (Ray Cabanilla)

■キャスト

俳優名 役名
小沢仁志 (Hitoshi Ozawa)  ジョーカー
ビビアン・スー (Vivian Hsu)  麗華
山下真広 (ヤマシタマサヒロ)  サル
ジョボイ・ゴメス   スネーク
レックス・レイピッド (Rex Lapid)  サンチョ
OCA (Oca)  パッセンジャー
フェルナンド・セイヤルヴォ (Fernando Sejalvo)  アル
リチャード・デュラン (Richard Duran)  ダン
ロンメル・バルデス (Rommel Valdez)  ゴメス
フレディ・ホンドラス (Freddie Hondras)  ホーク
クリス・アギラー (Cris Aguilar)  エンジェル
バーナード・セラーノ (Bernard Serrano)  ブル
バーナード・ランブレ (Bernard Lumbre)  ルイス
ハンナ・エンジェル・アルチェロ (Hanna Angel Arceo)  麗華(子供時代)
テイ・スミ (Tei Sumi)  麗華(子供時代)
テイ・ラク (Tei Raku)  スネーク(子供時代)
バンジョー・ロメロ (Banjo Romero)  ドッグ
レイ・パレンシア (Rey Palenzuela)  ウルフ
中田圭   モーテルのマネージャー
ペリー・デ・グスマン (Perry de Guzman)  ペリー

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!