映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • アニムスアニマ

いつしかお互いの中に“理想の異性像=アニムスアニマ”を見出してしまった、美しい姉弟の物語

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

両親を亡くした美しい姉弟のスイとトキオは、2人きりで暮らしている。“美しくあり続けること”が生活の上でもモットーの2人は、まるで恋人同士のように仲がいい。ところが、会社勤めをしているスイが仕事の面白さに目覚め始めると、事態は一変する。価値観の変わってしまったスイが、急速にトキオから離れ始め、ひとり暮らしをすると言い出したのだ。姉を理想の恋人のように慕っていたトキオは困惑し、すさんでしまうのだが…。



■解説

「アニムス」とは女性が抱く理想の男性像、「アニマ」とは男性が抱く理想の女性像を意味する。そんな理想を、お互いの中に見出してしまった姉弟の葛藤と成長を、美しく紡いだ作品。主演は、『バトル・ロワイヤルII 鎮魂歌』で一躍脚光を浴びた忍成修吾と、モデル出身の女優・椎名英姫。現実ばなれした美しさをたたえた2人を眺めていると、姉弟なのに憧れてしまうのも無理はないなあ、と妙に納得させられるはず。

本作は映画学校「ニューシネマワークショップ(NCW)」が初製作した劇場用長編映画。企画・脚本の公募から選ばれた監督の斉藤玲子も同校出身だ。撮影時には20代だったという若い女性監督らしい、美意識の詰まった繊細な作品に仕上がっている。

  • 2005年2月5日 より 渋谷シネ・ラ・セットにて

  • 配給:ニューシネマワークショップ
  • 製作国:日本(2003)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 斉藤玲子 (サイトウレイコ)
脚本 斉藤玲子 (サイトウレイコ)
プロデューサー 武藤起一 (ムトウキイチ) 竹平時夫 (タケヒラトキオ)
撮影 浦田秀穂 (ウラダヒデホ)
美術 島根裕子 (シマネユウコ)
音楽 葦澤伸太郎 (アシザワシンタロウ)
音楽プロデューサー うずまきまさお (ウズマキマサオ)
録音 小林徹哉 (コバヤシテツヤ)
アソシエイト・プロデューサー 片岡賢蔵 (カタオカケンゾウ)
助監督 ちと瀬千比呂 (チトセチヒロ)
その他 杉村慶 (スギムラケイ) 貝賀香織 (カイガカオリ)
スチール 繁延あづさ (シゲノブアズサ)

■キャスト

俳優名 役名
忍成修吾 (Shugo Oshinari)  トキオ
椎名英姫 (シイナエイヒ)  スイ
阿久根裕子 (アクネユウコ)  ユリネ
目黒真希 (メグロマキ)  ミキ
加藤仁志 (カトウヒトシ)  カオル
上地雄輔 (Yusuke Kamiji)  克也
田中要次 (Yoji Tanaka)  加藤
市川実日子 (Ichikawa Mikako)  OL
レイチェル・ダモール (Rachel D’amour)  レイチェルR
ロメダ霧島 (ロメダキリシマ)  ロメダ
有路有子 (アリチユウコ)  Yuu
千葉雅子 (チバマサコ)  京子
あじゃ (アジャ)  女子高生
榎本亜弥子 (エノモトアヤコ)  女子高生

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!